5月病と6月病はどう違う

 

5月病はよく聞くし
なじみのある病気(厳密には、本当の病気ではないですけど・・・)
だとおもいます。

簡単に説明すると

4月から、新たに大学に入学した新入生や
新入社員の方々に見受けられる精神的な症状で
新たな環境に慣れるまでの一か月間の緊張やストレスがもとで
5月ごろに現れる症状

と、ほんとうに簡単に言ってしまえばこんなところでしょうか。

 

さて、6月病はと言えばどんな病気なのでしょうか?!

これも簡単に言ってしまえば、
ほぼ5月病と同じで、時期が6月にずれて起こる症状を
称して6月病と言っているようです。

 

ここで誤解の無いように申し上げますと
5月病、6月病、双方とも
病(びょう・やまい)というけれども
本当の医学的な病気ではないようです。
お間違えの無いように・・・。

そこで、次のように話を進めていきたいと思います。

  • 6月病は一般的にはどう言われている
  • 6月病と5月病の違う症状
  • 夏に向けての6月病対策
  • まとめ

どうぞ、お付き合いくださいませマセ・・・。

 

6月病は一般的にはどう言われている

6月病とは総じて6月ごろに症状が出てくるから
5月病と同じように時期的な頃合いをもじって
6月病と称するようです。

 

以前は、あまり6月病なんて言葉は聞きませんでしたが
最近5月病と時期をずらして起きてくるものだから
6月病というようになったようです。

 

では、どんな症状なのか、、、

    • 便秘、下痢、腹痛が起こる
    • めまいや吐き気
    • だるさや、疲れやすさ
    • 肩こりや頭痛・片頭痛
    • 眠れない、熟睡感できない
    • 寝起きが悪い
    • 食欲不振
    • など

 

ですが、、、

なんとなく、自律神経失調症の症状と似ているように
感じるのは、私だけでしょうか。。。

 

医学的な病名は6月病ではないので
適応障害、とか、うつ病、とでもつくのらしいのですが
なんかつかみどころのない、病気と言っていいのかどうか・・・
(厳密には、うつ病とは違う症状・状態とのことです)

 

なんか、、、紛らわしいぃ~~((;’∀’)

と、迷うところですが、実際に症状を抱えていらっしゃる方にとっては
深刻な悩みだと思いますので

なにか、ちょっとだけでもヒントがあればと思い
書き綴ってみました。

 

6月病と5月病の違う症状

前項と重なるところもあるかとは思いますが、

5月病と言われる人の症状は、

4月に就職や入学、転勤などで今までと違う環境に
身を置くことになった人たちが
新たな環境に適応しようと頑張った時期を過ぎて
5月の連休に気が張っていた状態から一気に気が緩み
連休明けに憂鬱になってしまう状態、のこと。

 

6月病と言われる人の症状は、

5月病から派生した言葉で、新入社員、新社会人を対象とした
症状で、職場研修、新人研修などの期間を経て
新たな部署に配属が決まり5月病のような症状が
6月にずれこんで発症することから言われるようになった
5月病の俗称のようなもの

と、考えていただければいいようです。

 

つまりは、5月病も6月病も、症状、内容にはほとんど差はなく
違いは、5月に発症するか、6月に発症するか、の違いだけ!
のようです。

なお、双方とも医学用語、病名ではないので、
【発症】とすることが適当かどうかはここでは問題にいたしませんので、悪しからず
よろしくご判断いただけたら幸いです。

 

夏に向けての6月病対策

5月の新緑の時期の”5月病”と
梅雨の時期に発症する6月病では
対応・対策がちょっと違ってくるようです。

梅雨に時期は、ジメジメ、ジトジトと
湿度も高く、曇りや雨の日が続くため
不快指数も高い時期と重なってきます。

 

日光を浴び、さわやかな風に包まれたりすると
自然と気分もよく心地よく一日を過ごすことができますが

曇りや雨の日が続いたりすると
気分も落ち込みやすく、不快になりやすくなるのは
感覚的にわかるし、自然の摂理のように感じます。

 

つまり、梅雨に季節の湿度など
不快な状況・環境も時期的に重なってくるため、
状態が悪くなる前に、軽く考えすぎずに、
本人以外も、周りの方々も気遣いが必要になってくる!
と思われます。

湿度による身体の重さ、だるさ、動きたくなくない、と言った
症状に加えて

気温が高くなってくる時期でもありますから
ついつい、冷たい飲み物、食べ物を口にしやすい状態とは思いますが
なるべく身体を冷やす飲食物は控えて、
余計に身体が冷えるのを防ぐ、という気持ちが
とっても大事に思います。

 

ぬるま湯での半身浴などもお勧めです。

健 康 入 浴 法

 

寝る前に、ぬるま湯で、身体の芯から温まる
自律神経の副交感神経が刺激されて
寝付けやすくなることも医学的には証明されているようです。

それに、気分がゆったり、まったりと過ごせる時間を
しっかりとる!ということにもなりますから
寝る前のぬるま湯での半身浴はお勧めです!

 

まとめ

5月病も6月病も
早めに対応できればそれにこしたことはありませんが
もし、その症状が現れたとしても
病気とは違うのですが、慌てずに、本人も、周りの方も
きちんと理解を深めて対応していくことが大切です。

 

特に、6月病は、季節的な不快要素が加わってきますから
急いてもいいことはありません。

 

焦る気持ちは分かりますが
焦って結果を早めに出そうとしてしまうと結局長引いてしまい
退職などに至ってしまいケースもあるようですから
焦りは禁物です。

 

ただ、どうしてもなじめない環境って、あったりもすると思うので
そこの環境だけが、

今のあなたに必要な環境ではないよ、、、
もっと、自分を大事にしていいよ、、、
もっと、自分と向き合っていいよ、、、
もっと自分を好きになっていいよ、、、

と、自分自身に言い聞かせてください。

 

環境を変えることは、

人生から逃げることではありません!
自分から逃げることではありません!
人生を、あきらめることではありません!

 

大丈夫!だいじょうぶだよ!

あなたにはきっとできる!と、
ちょっと、一歩引いて見渡せば
あなたの応援団は周りにいっぱいいるとに気づけますよ!

急がなくていいから、
焦らなくていいから、
そのうちでいいから、

一歩だけ、前に出れるときに、踏み出そうよ!

 

だいじょうぶ!だいじょうぶだから!ネ・・・。

 

最後までお付き合い下さり
ありがとうございます。

あなたの、応援団の一人から、、、でした。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]