実は私、自律神経失調症だったんです、そう過去形です。
今は全く大丈夫!なんですよ、お陰さまで。

 

その当時、とにかく考えなければいけないことが多くって

退屈する暇がないぐらい?!に、許容のないオツムを使い過ぎて・・・
結構限界にきていたのかもしれません。

でも、あとで考えるとある意味気づきがあって、へぇ~的なこともあって
なかなか貴重な経験だったと、今は思えるのですが、当時は大変でした!

そしてなんとなく、体調が優れず、朝起きてもすぐには動けず、
しばらく布団の中で右往左往・・・ゴロゴロ・・・。

いい加減起きなければいけない時間帯、切羽詰まっての時間帯、、、
しょうがなく起きたはいいけど、、、動きたくない状態・・・。

動く気力、なし・・・ハァ~。

そんな状況が約2週間ぐらい続いて、、、
いい加減変だよねぇ~って思い始めて、、、
シブシブ、病院へいった次第でした。

総合病院の内科で、いろんな検査をしたのですが結果は異状なし・・・
でも、具合は悪い・・・

  • 食欲不振
  • 動悸がするときあり
  • 腹痛あり
  • 下痢と便秘
  • はぁ~~病気の総合商社?!
  • だから、総合内科に受診?!

って、冗談言ってる場合じゃないんですけど・・・。

結局、「自律神経失調症」の診断を受けました。
正直、その時は大変大きな衝撃!ショックでした、、、

私が?!という想いで。

自律神経とは、

  • 交感神経
  • 副交感神経

の二つに分類されて、私たちの意思に関係なく
四六時中働いてくれる、身体の調整機能のことですね。

そんな

  • 自律神経がバランスを崩してしまった私、、、
  • 体調も崩してしまった私、、、

が実行した3つの視点から自律神経を整える方法を書いていきますね。

  • 健康でいると気づかない健康の大切さ!重要さ!
  • 健康を害してはじめて気づく健康の重大さ!

一度ここいらで、ちょっとだけ立ち止まって
健康について一緒に考えてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

1.食生活を考え直す

43207fb58011837f1d9ef3f399b1c75e_m

 

お食事と消化器系の腸は密接な関係にあります。
まあ、当然と言えば当然なのですが、食と消化吸収ですね。

また、調べていくうちに腸と自律神経も密接な関係にあり
腸は「第二の脳」とまでいわれていることが分かりました。

すると、お食事と自律神経も密接な関係!
ってことに、なりますよねぇ~!
だったら、腸にいい食事をすることが自律神経にもいい食事!
ってことになってくるのでしょうか?!

そして更に、腸内環境を整えることで
自律神経も整えることが出来る!のではないかと考えました!
なんか、屁理屈っぽくって、分かりづらぁ~い!!
もっと、シンプルに、簡単に言ってよぉ~~!!

って声が、私自身の心の叫びで聞こえてきました!
ハイ、すいませぇ~ん m(_ _)m
つまりは、

腸に良い食事  ⇒  自律神経に良い食事
腸内環境が整う ⇒  自律神経が整う
ってことではないかと推測したんです!
なんか、すごいことでしょう~、ね。
では、ちょっと詳しく見ていきますね。

 

①:寝起きに一杯のお水を飲むことの勧め

eec26028bac5ce06e45bb29ddc41786e_m

消化器である胃の臓器は副交感神経の支配下にあります。

寝起きの水分は胃を刺激して胃が目覚め、働き始めます。
それがまた副交感神経をも刺激して働きを高めることにつながるとしたら・・・。

また、睡眠中は寝汗をかくことで体内の水分が減少し
血液の流れが悪くなりがちです。

血流をよくするためにも、寝起きに一杯のお水を飲む習慣は
寝ている間に減少した水分補給にもいいようですね。

ただし、ごくごくと一気に飲み干すのはよくありません!
できればチビチビと飲むのがいいようです!

一気に飲み干すと、胃や腸が水分を吸収する前に
尿になって排出されてしまうそうですから。

朝は意外と忙しいものですが、一口ずつ、
慌てないで飲むよう心がけましょう!

 

②:食事は3回とることの勧め

食事は一日3回!って、誰かに教わったわけでもありませんが
なんとなぁ~く、そんな習慣になってますよねぇ~。

もちろん、一日2回って方もいらっしゃると思います。
それはそれで調子がいいのであれば問題ないと思います。

じつは、自律神経のバランスをよくする方法も
この食事の回数と関係してくるんですよぉ~!

朝・昼・夜、と、毎日規則正しく食事をすることで
腸が一日3回刺激されますね、それが腸の習慣にもなる!と。

 

また、朝に活動が下がりがちな副交感神経を朝食で刺激して活性化する!
ということが大切なので、朝食が大事!といわれているようです。

朝食抜きの方は、固形物でない流動系のもので
消化器系を刺激出来たらなおいいかもしれませんね。

 

そしてまた、普段と違う刺激なども要注意ですよ!

  • 忙しくて食事の時間がバラバラ
  • ダイエットで食事を抜いた
  • 飲酒して深酒
  • 外食でつい食べ過ぎ

などですね、イレギュラーな刺激ですから
バランスを崩すもとになってしまいます!

 

③:腸内細菌のバランスを整えることの勧め

栄養の吸収には、腸内細菌の働きが見逃せません!

腸内細菌のバランスがよくなれば、栄養の吸収もよくなり
それが血液の循環を促進してくれることにつながります!

血液の流れがよくなれば、自律神経のバランスもよくなってきます。
なぜなら、血流を支配しているのは自律神経だからです!

つまりこれは腸内環境が自律神経をコントロールしている!
と言ってもいいぐらいに大事なことなのではないでしょうか?!

 

ではその腸内環境をよくするためにはどうすればいいのか?!

ここはシンプルに、善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌などの)が
悪玉菌(大腸菌)よりも多くすることを心がけましょう!

ではどうするかですが、乳酸菌などは発酵食品に多く含まれていますから
それらを意識して多く摂ることを心がけましょう。
(納豆、お味噌、ヨーグルトなど)

 

2.生活習慣をみ直す

fd9c4e84d5ee6017bb4df9d94af12e70_m

現代の日本人はセカセカとしてあまりにも忙しく、
働き過ぎているのではないでしょうか?

そんなこと言っても、働かないと生活できないっしょッ!(怒°
毎日がストレスにさらされている生活よっ!(怒

って声が聞こえてきそうですが、確かにそうですね、私も!でした。
そして、今でもです・・・。

ですが、

  • もっと心に余裕をもって
  • 日々を過ごせる方法

はないでしょうか?

常にストレスにさらされている生活は
常に交感神経が緊張している状況を作ってしまいます。

交感神経が緊張し優位になっていると、自律神経系のバランスが崩れ
血管は収縮し、血流が悪くなってしまいます。

そうなると、各細胞に血液が栄養を運ぶことが滞るわけですから
細胞の機能低下や免疫力の低下なんかも起こしてしまいます!

ストレス → 交感神経が優位 → 血流悪化 → 細胞機能・免疫力低下

の図式ですね。

 

このあたりの部分ですが

人の自律神経のバランスには4つのタイプがあります。
↓ ↓ ↓ ↓
「自律神経の乱れをタイプ別にチェック!あなたに当てはまるのはどれ?」

こちらの記事で詳しく解説しています

 

 

そこで大切なのが、普段の生活習慣を変えること!ですね。
それが重要になってくるわけです!

では、どんなことに注意が必要か見ていきましょう。

 

①:充分な睡眠をとることの勧め

言わずもがな!ってすぐに理解出来ちゃいますね・・・。
ただ、ついつい睡眠不足になりがちなのも現代社会です、気をつけましょう。

睡眠不足は、副交感神経の働きが低下して
自律神経のバランスが崩れます。

よく寝付けないときなんかは交感神経が副交感神経より
優位にあるから寝付けない状態なんだそうです。

規則正しい習慣も大事です。

寝床につく時間がまちまちで、
その日その日の時間がバラバラってのもよくありません。

できれば、同じ時間帯で寝床に入るのがいいでしょう!

 

②:心にゆとりをもつことの勧め

現代社会は時間から追われるような暮らし!
を強いられているように感じているのは私だけでしょうか?

って、なんか偏見的な考えの同意を求めているわけではありませんから
誤解なきようお願いいたしますね、、、。

心にゆとりがなくなってくると生活の仕方にも
ゆとりがなくなってきてしまいがち、ですよねぇ~。

そこで、気をつけるべきことは!

  • 「ゆっくりと! ゆっくりと~!」
  • 「何事も、慌てずに、ゆっくりとでいいんだよ~!」

って意識して行動すること!が、とっても重要に感じます。

意識しない行動は単なる成り行きですから
そうならないようにきちんと意識して行動すること!で
習慣につながりますよね。

「ゆっくり」を意識し、あせったり怒ったりしないで心を穏やかに、
ゆとりのある生活の仕方が交感神経を刺激しない暮らし方!ですね。

 

③:思い切る勇気をもつことの勧め

シンプルに物事を考えることは、案外大切です!

それと同じく、シンプルに生活することも
案外心にゆとりと余裕を与えてもらえます。

では、シンプルな生活ってどんな生活でしょうか?

「 起きて半畳、寝て一畳 」

ってことわざの如く、そんなに物を持たない生活って
ご理解いただければいいのではないでしょうか?

私はこれがシンプルライフの基本と思っております。
(このことわざの意味は、
人の必要以上の富貴を求めることへの戒め的な要素も含んでいるようですが、
この度はシンプルライフの基本として考えてみます))

つまり、普段忙しくてなかなか片付ける暇もない生活を送っているのなら
いっそのこと思い切って・・・

必要以上のものを持たない生活!を選んじゃいましょう!

ってことです。

モノがないなら、片づける必要もないですから?ね。

なんか、そんな潔さと思い切りが、生活習慣を変化させて
余裕を持った生活・行動ができて自律神経が安定してくる!のなら・・・

なんかちょっとだけ、ス・テ・キ!

って、思えちゃったりしませんかぁ~???

スポンサーリンク

 

3.軽い運動をすることの勧め

06213e8761cb56eb41bd249a03ac533e_m

筋肉が過度に緊張した状態は交感神経も緊張している状態です。
ですから、激しく運動することは自立神経を整える方策には不向きです!

ここは、目的をきちんと理解して軽めの運動にいたしましょう!
特に副交感神経の働きは

  • 男性で30代以降
  • 女性で40代以降

から、急降下すると言われておりますから
ついついまじめに運動に取り組みガチのその年代の方々は

良かれと思ってやったことがアダにならないように?
要注意!ですね。

あくまでも目的は、副交感神経の働きをよくする!ことで
身体の血流をよくすることですから、きちんと目的を見据えましょう!

 

①:腹式呼吸法をすることの勧め

ゆっくりと、鼻から大きく息を吸って
ゆっくりと、口から息を吐き切る。

この時、息を吸うのが1で、吐くのが2の割合です。
1対2の腹式呼吸法ですね。

その時に、お腹に手を当てて
お腹が膨らむこと、へこむことを確認しましょう!

できれば仰向けに寝てやれれば分かりやすいかもしれません。

浅く早い呼吸は交感神経を刺激します。
深いゆっくりの呼吸は副交感神経を刺激します。

これが理解できていれば

・交感神経を活発にしたいとき
・副交感神経を活発にしたいとき

で、使い分けることが出来ますね。

 

②:軽いストレッチ運動の勧め

自律神経は、血行をコントロールしている神経と
先に申し上げました。

その逆の視点で、血行を良くして自律神経を刺激する方法が
このストレッチ運動です。

ストレッチを行うことにより血行がよくなり
自律神経のバランスがよくなっていくことを目指すわけですね。

ただし、これも激しくストレッチ運動する必要はありませんからね!

軽く血行を良くできればそれでOK!ぐらいに
かんたんに考えましょう!

私は、ながらストレッチ運動を実行しております。

  • TVを観ながら
  • ラジオを聞きながら
  • お掃除しながら
  • お料理しながら

などなど工夫をすれば、ながらストレッチ運動は
案外その時々でできるもんですよ!

ストレッチ運動の意味は、筋肉を伸ばす!ということですから
伸ばせる工夫があればいいわけですね、、、簡単でしょっ!ね。

できれば、朝か午前中の運動が効果的ですよ!

なぜか・・・?と申し上げれば、

朝は交感神経が優位な状況が多いので、ストレッチ運動で
血行をよくすることで副交感神経を優位にすることが出来るから!です。

へぇ~~?!って、今思っていただけました? (´∀`*)ウフフ

 

③:軽いウォーキングの勧め

自律神経を整えることが目的なことを
今一度ここで思い出してください!

運動が目的ではないんです!よ。

なので、激しい運動は逆効果ですからご注意くださいね。

まずここでは、軽めのウォーキングがお勧めです。
また中高年の方には特にこちらの方がいいですね、ジョギングよりも!

激しい運動は、交感神経を優位にさせてしまいがちです。
それでは、はじめの目的からズレてしまいますね。

さて、この軽めのウォーキングはいつするのが効果的でしょうか?

それはストレッチと同じで、やっぱり朝!!でしょう、ね・・・
ハイ、間違いでぇ~す! ブブゥーー!

正解は、夕食後から寝る1時間前ぐらいまでの時間帯!で、
30分ぐらい、歩いても小一時間ぐらいまで、ゆっくりと!です。

なぜかと申し上げれば、

朝、午前中は交感神経が優位になっている場合が多い、
と先に申し上げました。

これは、血管が収縮していて筋肉が硬くなっている状態!
でもあるんです。

このような時に運動してしまうと、普段から運動に慣れていない身体には
大きな負担をかけてしまい、逆効果になってしまいがち!なんですよ。

へぇーーー?!! ってまた、思っていただけました??? (*´艸`*)

 

まとめ

自律神経を整えて健康になる方法をみてきました。
実際に私が実行して、改善できた結果の内容です。

朝起きて、夜に寝るまでの規則正しい生活。
そんな生活ができれば何の問題もありません。

ただ、現代社会はなかなかそうは問屋が卸さないのが現実?
のような気がいたします。

  • セカセカと
  • 憂うつに
  • ゆとりのない

そんな生活を続けていればいつか身体を壊してしまいそうです。

体調が悪いかな???ってちょっと思うぐらいで
自分のゆとりのなさに気付けたら、今がチャ~ンス!

できることを、無理をしないで続ければ
それが習慣となり、身体にいいことにつながる!ってことですから。

ちょっとだけよ?!

って思える心のゆとりと余裕と面白さ???
を持ち合わせて、健康でいましょうね!!

っえ?なんかまとまりが、、お笑い系にズレた? 滑った??

 

最後までお付き合い下さり大変ありがとうございました。

崩れてしまってからでは、整えるのが大変です!

自律神経のバランスが崩れる前に整える方が
やりかたとしては楽なはず!!ですから。

あなたの健康を願っております!

健康が一番!!

ありがとうございました。

 

参考までに:人の自律神経のバランス4つのタイプ
↓ ↓ ↓ ↓
「自律神経の乱れをタイプ別にチェック!あなたに当てはまるのはどれ?」

こちらの記事で詳しく解説しています

 

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]