アレルギーの響きって、あんまりいい心地はしませんよねぇ~。
よく知られているアレルギーは、花粉症でしょうか?

他には、そばアレルギーとかの食物アレルギーもありますね。
これなどは命に係わる症状があったりしますから
注意しないといけませんね!

アレルギー自体が好かれる存在でないことはどなたにも
納得していただけると思います。

ですが、なくてはならない存在でもあるって、ご存知でしたか?!

どういうことかと申し上げれば、アレルギーは一種の免疫反応であって
身体を守るシステムの延長線上にある!ということみたいなんですよ。

人の体とアレルギーの関係は表裏一体のような
切っても切れない関係性がある!ってことのように思われます。

こむずかしく、定義なんて言葉を使うと

厚生労働省HPによる

アレルギーとは、広義のアレルギーの定義として

・免疫反応に基づく生体に対する全身的または局所的な障害をさす。
・血中抗体による液性免疫反応に基づくアレルギー(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型アレルギー)と
感作リンパ球による細胞性免疫反応に基づくアレルギー(Ⅳ型アレルギー)に大別される。

とあります。

 

チンプンカンプンで、中身の理解はできませんが、なんとなく

『 免疫反応!? 』に、関係しているように思われますよね、、、。

とにかく、あまり難しいことは考えないで、
アレルギーになってしまた場合、どうすれば

  • 症状を軽減・緩解できるのか?
  • 治す方法ってあるのか?

ご一緒に考えていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

アレルギーは厄介!完治はできるの?

アレルギー反応とは、自己免疫反応に起因していることが
前項で分かりました。

ですから、全ての人がアレルギー反応を起こしても
おかしくない状況にあるわけです、厄介ィ~~!

厚労省は、我が国全人口の約2人に1人
何らかのアレルギー疾患に罹患している!と発表しているぐらいですから。

 

 

同じ環境・状況にあっても体質や、育った環境など、
様々な要因が影響し絡み合いアレルギー反応を引き出しているのでしょう。

つまり、アレルギーには個人差が大きく関係している!
ということなのでしょうか?

病院で診ていただき、ストレスや体質、疲れ、なんて言われても
いかんとも対応の仕方が分かりません。

お薬を頂いても症状がよくなればいい方で

『 アレルギーに治癒は無い! 』

ってお医者さんから宣告される人もいるぐらいですから
アレルギーなんて、ならずに済むならなりたくはないものですね。

かくいう私も実はアレルギーを抱え込んじゃってます。
「季節性アレルギー性結膜炎」(花粉症)です。

そして更に、私の友人も、

  • 日光アレルギー
  • 治らない

ってことを宣告された一人でした。

治らないのなら、仲良くはしたくはないけれど
症状がひどくならないように上手く付き合っていくしかない!

そう思うしかないのでしょうか?

私と友人はリサーチの結果、ある結論に至りました。

いいかも知れないことは、身をもって試してみよう!と。
そして、行動にでました、改善するため、治すための行動です!

 

結果は、

  • お薬を使わなくてもよくなった!
  • お医者さんが、何をしたか聞いてきた!

そんな結果を頂くことが出来たんです、二人とも。

ただ、今でもその行動は続けているんですが
ほぼ習慣化しているために、

『 そう大変なことでもないよ! 』

と、お気楽に楽しみながら実行できています。

もちろん、気を抜いてちょっとさぼってしまっても大丈夫なんですが、
実行した方が調子がいいのでそのまま続けているんですよ。

また、ドクターは完治とは言わなかったものの

『 ほぼ治っている・・・?! 』

って、言って頂きました、二人とも!です。
首をかしげながらでしたが・・・。

では私と友人が何をしたか、お伝えしていきますね。

 

 

 

私たちが決断し行動した内容とは・・・?!

季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)は、
ひどい場合は、大変つらい思いをいたします。グッシュン…

それこそ本当に、外に出るのも億劫で引きこもり気味になってしまいます。

引きこもっても、人の出入りや窓から花粉が侵入してきて、
結局は症状が続いてしまうんですが・・・。

私の場合、お医者さんからいただいたお薬、目薬と飲み薬、
双方で治療を勧めていきました。

その他に、薬局から「ホウ酸」を買ってきて
自分で洗眼水を作って、外出から帰宅のたびに洗眼していました。

この洗眼だけでも、その時は気持ちよくなるんですよね!

でも、残念ながら効果が続かないんです  (;´д`)トホホ

結局洗眼は対症療法的な効果はあっても
続かない、一時的な効果でした。

 

また、日光アレルギーは、極端ないい方をすれば
外に出なければ日光に当たることはないのでアレルギー反応は出ない!

なんて思いがちですが、実はそれは正解ではないんですね、残念ながら。

可視光線アレルギーへとアレルギー反応が変化してしまうこともあるんです。
なんでも光が、波長の違いにより皮膚に悪さをするらしいのですが
はっきりとした原因などはまだ解明されていないようです。

つまりは、原因が分からなければ、
治療も対策も、的を外してしまうことがある!

ってことですね、残念至極!です。

お薬なんかで、置き換えて考えれば理解できますね。

原因が分かれば、その原因をたたくお薬で効果が期待できますが
原因が分からずに症状だけを改善しても結局は同じことの繰り返し!

ってことですね。

そんな時に出会った本がこれです。

私と友人は、この本を参考にし決断し行動しました。

また、

「食べない 健康法」
著者: 石原 結實

も、大いに参考になりました!

もちろん、すべてをこれに頼ったわけではなくって
この内容を参考に決断し、行動した!ということです。

では、その決断と行動とは、何か・・・

『 プチ断食! 』です。

『 食べない選択! 』をしました。

詳しく見ていきましょう。

 

一番メインの考え方はデトックス

  • デトックス効果による腸内環境の改善
  • 半日断食(短期間のプチ断食)で内臓を休める

をメインに考え行動していきました。

私と友人は、デトックスにフォーカスし行動しましたが
腸内環境の改善とか、プチ断食とか、、、

一見、アレルギーとは無関係のように感じてしまうかもしれません。

アレルギーを治すなら、腸内環境を改善させましょう!って、
なんか

  • 突発過ぎ!
  • ハショリ過ぎ!
  • 根拠がなさ過ぎ!

って、そんな印象を受けやすいと思うからです。

ここでよく考えてみましょう!

  • 生きることは、食べること!
  • 食べることは、消化吸収すること!

それも健康に過ごすには、

  • 安全・安心な食べ物が不可欠!
  • きちんと栄養素を体が受け取ること(消化吸収)が不可欠!
  • きちんと老廃物を排泄することが不可欠!

そう思うからです。

 

そして今回、私たちは上記2冊の本を参考に

  • 食べること
  • 消化吸収すること

にフォーカスして改善を試みました。
勿論、お医者様の治療とも併用しながらです!

はじめは、効果が表れるまではある程度の時間がかかる!
ということは覚悟を決めて取り掛かりました。

ただ、はじめの一歩は恐る恐るでしたが
期待の持てる効果が得られるまではそう時間がかかりませんでした。

ほんの些細な得られた結果でしたが
それをもとに確信を持つことで前に進むことが出来たんです。

それはプチ断食を3日ほどつづけた時に得られた結果でした。
なんとなく、ほんのちょっとなのですが、、、

『体がいい感じ!』って言っているように感じたんです。
二人とも!なんですよ。

私だけとか、友人だけだったら、たまたま・・・?
なんて思ったかもしれませんが、二人とも!だったんです。

それでお互いうなずき合えて続けることが出来たんですよ~!
そう、ちょっとした変化を二人とも見逃さなかったんです!

それが続けられた、一番の根拠でした。

 

初めは

  • 身体に無理のないように
  • 身体にストレスをたくさんかけないように
  • 継続できるように

を念頭に行動しました。

注意

上記本にも記載ありましたが、

  • 25歳以下の方の制限
  • 妊娠中の方の制限

などがあげられますから、ここは念頭において
細心の注意が必要であると思います。

要は、食し栄養を多めにとる必要のある方の半断食は

『 目的の逆を行っている! 』

ということですから、本当に注意してくださいね!

 

 

腸内環境の改善

腸内環境改善というと、アレルギーとは関係ないように思われがちです。
でもここは、「急がば回れ!」的に考える部分でもあるんですよ!

腸内には、約500種類100兆個の細菌があると言われています。
その腸内細菌と免疫機能の関係は大変重要な相関関係にあります。

免疫機能とアレルギーとの関係も上記いたしました。

腸内環境の改善が免疫機能の正常な働きを促し
アレルギー症状の改善が期待できますね。

腸内細菌のバランスを保つ工夫が必要です。

 

半日断食(短期間のプチ断食)で内臓を休める

人の身体は動くことでエネルギーを消費します。

動くこと = 働くこと

とするのは、ちょっと短絡的で乱暴かも知れませんが
あえてそうであると仮定した場合、

食事をする
↓ ↓ ↓ ↓
消化吸収するために消化器系の器官が働く(動く)

となりますね。

つまり、食べることで腸の負担・ストレスは増えるわけです。
そこでちょっと腸を休めてあげましょう!てことが、

『 半日断食(短期間のプチ断食) 』

の考え方なんですね。

余談・雑談・豆知識~♪

例えば・・・

風邪をひいて熱がある
↓ ↓ ↓ ↓
食欲がない

って経験はどなたにもあると思います。
これは、視点を変えれば、

風邪を治すために内臓を休めている!

ってことらしいんですよ!

身体が風邪を治すために内なるエネルギーを温存し
内臓を休めて、その分他の器官に働いてもらっているって・・・。

へぇーー~~でした?!

スポンサーリンク

 

 

極力、ローフード

ローフードとは、

Raw(生の)
Food(食べ物)

のことで、生で食べることにより、食物の酵素や栄養素を
効率よく身体に摂りいれようという食べ方をいいます。

まあ、かみ砕いて理解すれば、熱を使わない料理方法
食事をしましょう!ってことですね。

健康や美容・ダイエットにも効果が出ている食事方法として
最近注目されていることは知っておりましたが・・・

まさか私や友人がやることになるとは思ってもいませんでした。

(否いや実は、私はちょっと興味がったので、
そのうち実行してみようかなァ~~
なんて思っていたのでしたが、、、えへへっ)

ローフードを食べると、お腹にずっしりとくる満腹感がなくなります。
なので、前項と一緒に始めることがお勧めですよ!

ちなみに、お腹いっぱいに食べることがどれだけ身体の負担になっていたか
デットクスを意識して、半断食を実行し、ローフードを食べるようになって
つくづく感じるようになりました。

満腹感って、身も心も満足できるような、、、一時の幸せ感です!

一方空腹感は、慣れてくれば頭もさえてくるし
身動きが俊敏になるように私は実感として感じました。

これは、ご紹介させていただいた本にも記載があったのですが

  • 満腹感は一時の満足と幸せ
  • 空腹の心地よさ、快適さは継続する健康の幸せ

「空腹が心地よく快適」なんて、かなり私には衝撃的でしたが
経験してそれが実感できました。まさに、へぇ~~!でした。

皆がみんなそうだとは言い切れませんし
ずうっと空腹感が続くのは逆に良くないと思います。

 

そして、なんかのお祝いやパーティーで、みんな一緒に会食をして
食事のおいしさや満腹感を味わうことは幸せの一部分であることは

  • 『 疑いようのない事実! 』

と思います。

ただ、ちょっとだけ空腹感を味わうことで
身体にも精神的にもいいのなら、いや、いい感じを抱けるのなら

『 やってみる価値はある! 』

のではないでしょうか?

それに、現代の過剰過ぎる豊食生活への
ちょっとした気づきとして、私にはいい刺激になりました。

 

ステロイド系のお薬は・・・どうする?

このステロイドに関しては意見の分かれるところであると思います。
でも、それは当然と言えば当然のようにも感じます。

どうしてかといえば、人の身体は画一的ではないからです。
ある人には良くっても、ある人にはNG!なんてことはよくあることだからです。

また、お医者さんが治らないと言っているにもかかわらず
お薬を出して治療することを勧めるって、、、

これも矛盾しているように感じるし・・・。

確かに、ひどくかゆいとか、痛みを伴うとかの場合は
ちょっとだけ使いたくなるもんです。

対症療法といって、症状に対してそれを緩和する方法を
お薬にお願いする治療方法、ということでしょうか。

これは今の医学では致し方ない方法なのかも知れませんね。

なんてったって、医学は学問ですから
移ろい、進歩・発展がまだまだ期待できるのですから。

 

ステロイド剤はお薬ですから作用と副作用があります。

いいあんばいに効いてくれればそれでOK!ハイ、ありがとう~♪

って、それでおしまいではありません。
副作用に気をつけなければなりません。

おもな副作用には、”皮膚が薄くなる”ことがあげられます。

そして更に、ステロイドはホルモン薬ですから
身体に蓄積しやすいと言われています。なんか、、、コワイィ~~。

症状によりますが、使う使わないはきちんとお医者様とご相談して
納得のうえ治療いたしましょう。

たかがアレルギーって思われるのはとっても心外です!

もちろん、そんなお医者さんはいないでしょうから、
きちんとお話して、納得して治療してくださいね。

 

 

ちなみに、友人が悩まされていた「日光アレルギー」については
以下の記事で詳しくお伝えしています。

  • あまり聞きなれないアレルギーだから
  • メジャーじゃないアレルギーだから

私は大丈夫!って高をくくっているうちに
忍び寄られたら大変です!

ぜひ一度ご覧になってみてください。

⇒ 【 紫外線のアレルギー対策!おススメしたい3つの方法(^^♪

 

 

まとめ

ケガや病気、痛みやかゆみ、悩みや喜び、苦楽、
いろんなモノを抱えて生きていくのが人生ですが・・・

快適さや満足感が逆に身体に負担・ストレスになっていた?!
なんてことがあるとしたら、何だか本末転倒ですね・・・。

健康は、身体の基本・礎石・土台・屋台骨!
もう様々に例えても、シンプルに言えば

大事!

の二文字で十分にご理解いただけると思います。

その『大事』を守るために、皆さん様ざまに苦労されているのが
現状ではないでしょうか?

今回は、アレルギーについて触れてきましたが
大人でも大変なアレルギー、、、。

こんな思いをお子さんにはもちろんさせたくなはい!

もちろん、あなたも大変な想いから抜け出してほしい!

きっとあなたに合った方法がどこかにあるはずです!
もしかしたら、今回紹介した私たちの方法がそうかもしれません!

人の身体は様々ですから、正解は一つのはずがありません!
そう、答えはたっくさんあるはずです。

あなたに適したこと、方法に巡り合えることを
心から応援して、神様に祈念いたします。

あきらめなければ、大丈夫!

最後までお付き合い下さり大変ありがとうございました。

あなたに大きな、しあわせを!

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]