アイスクリームは、お・す・き?

 

なぁ~んて、嫌いな人って、、、いるのかなぁ~?

夏のアッツイ時に、冷たぁ~いアイスクリームをほお張るのは
口の中から涼しくなれるようで・・・ムフフ(´∀`*)ウフフ

こんな状態になっちゃいますよねぇ~ (^^♪
アイスクリームに限らず、かき氷も夏の定番ですね!
ですがこちらでもよく、頭キーン痛になっちゃいます。

そこでこの「頭キーン痛」のことを調べてみました。

ならずに済む経験したくないこの痛み。
原因をメインに調べてみました。

元が分かれば対策もできる!そんな考えから進めてまいります。

暑い時にアイスクリームやかき氷を食べた時に
この痛みを避ける!そんな時の参考になれば幸いです。

どうぞ、お付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

アイスクリームを食べた時の頭痛の原因はこれだった!

冷たいアイスクリームやかき氷を食べた時に
あの頭がキーンと痛むやつ!

 

 

この頭痛には、れっきとした医学用語で名前がついているって
ご存知でしたか?

「アイスクリーム頭痛(Ice Cream Headache)」

です。

日本では、「かき氷頭痛」ともいわれているようですが、原因も医学的に解明されていて

  • 関連痛(体の勘違い認識)説
  • 血管の炎症説

と言われています。

では、二つの原因を見ていきましょう。

 

 

関連痛(体の勘違い認識)説

 

関連痛説には2つの原因説があった!

1.関連痛(体の勘違い認識)説2つ

1-1:冷気刺激が強すぎて、三叉神経や舌咽神経が痛覚と勘違いしてしまう
1-2:冷気刺激を感じている部分までも勘違いして違う場所で痛覚と認識してしまう

では、この2つを詳しく見ていきましょう。

 

1.関連痛(体の勘違い認識)説2つ

① 冷気刺激が強すぎて、三叉神経や舌咽神経が痛覚と勘違いしてしまう

暑い時に食べるアイスクリーム。

食い意地の張っている私に限らず、
皆さん、結構バクバクッて早食いしちゃうのではないでしょうか?

そのバクバクが、喉の奥に対して急激な冷気刺激となって
プッーハァ~~!ってな感じで冷たさを味わってしまいがち?!ですよね。

体の外は真夏で、体の中で喉の奥は真冬?!
喉奥に起きた暑い最中の珍現象がアイスクリームによる真冬化!

なんか、喉奥の三叉神経に限らず、勘違いが起こってしまいそうに思うのは
私だけでしょうか?

ただ、この勘違いからくる痛みに関しては、
そのメカニズムについて、まだ未解明の部分が大きいようです。

 

② 冷気刺激を感じている部分が勘違いして、違う場所で痛覚と認識してまう

三叉神経は12対ある脳神経の一つ

解剖学的には眼神経・上顎神経・下顎神経の3つの枝に分かれています。関連痛として、この枝に沿った部分に痛みを覚えることが多いようです。

 

つまり、冷気刺激を直接受けた部分というより枝分かれしている

抹消の方へと痛みが拡散してしまう!

ということなのでしょう。

これもまた、勘違いからくるもので、直接冷気刺激を受けたところと
違う部分が痛む!ということなのでしょう。

このメカニズムについても、まだ未解明の部分が大きいようです。
 

スポンサーリンク

 

関連痛(体の勘違い認識)説への対策

ここまでで、原因が分かってきました。

では、あとはその原因を排除すれは
アイスクリーム頭痛にならずに済むわけですね。

ではその対策とは、関連痛(体の勘違い認識)説2つ
を起こさないようにすればいいわけです。

それは、医学的に云々というより
個々人の食べ方を工夫するしかないようです。

なぜなら、「国際頭痛分類」による正式名称は
『冷たいものの摂取または冷気刺激による頭痛』となっているからです。

暑い日に冷たぁ~いアイスクリームを一気にほお張りたい気持ち!
非常に理解できますが、現段階でいえる予防策は、

  • ゆっくり落ち着いて食べること
  • あたたかいものと一緒に食べる
  • 涼しいところで食べる

が対策として挙げられます。

つまりは、少しでも早く涼さを感じるために

  • 頭痛になるリスクを冒してまで早食いしてしまうのか
  • 頭痛にならないためにゆっくりと食べるのか

どちらが良いかは人によって判断が分かれるところですね。

冷たい物を食べるたんびに頭痛に悩まされている人は、
一度、こういった食べ方も試してみてはいかがでしょうか?

 

私的には、ここの食べ方の中の

「あたたかいものと一緒に食べる」

は、あまり試したくない食べ方です。

なんか、お口の中が南極と熱帯がごちゃ混ぜになってしまいそうで
かえって混乱が起きて、勘違いしてしまいそうですから?!
 

スポンサーリンク

 

2.血管の炎症説

冷たいものを食べた時の通過経路から起こる炎症説です。

冷たいものを食べて炎症が起きる?!なんて、ちょっと不合理のようにも感じますが見ていきましょう。
 

喉・咽頭の急激な冷気刺激

↓ ↓ ↓
解剖学的に近い位置にある頚動脈も急速に冷却され収縮

↓ ↓ ↓
冷やされた体は体温を維持しようと血流を増やす

↓ ↓ ↓
血管が伸展し炎症と認識する

↓ ↓ ↓
痛みを生じる

との説です。

一連の流れは、急激な冷気刺激により血管の急速な収縮と拡張が起こり
血管や硬膜などの血管周囲に分布する三叉神経を刺激し

神経原性炎症を起こす!

という説です。

これは、偏頭痛と同様に血管が一時的に拡張して痛みが起こることと
同じ状態のようです。

 

血管の炎症説への対策

『 血管の炎症からくる痛み 』

とすれば、アイスクリーム頭痛が起こったときは、

「おでこなど、痛むところを氷などで冷やす!」
と楽になります!

と言われていることも納得できそうですね。

炎症があるわけですから、その炎症を鎮静化させる訳ですね。
お子さんなんかの場合は、即効性があっていい方法かもしれません。

もっとも、アイスクリーム頭痛は、

  • 短時間で消失してしまう
  • 健康に悪い影響を残さない

ので、そう神経質になることはないのかもしれませんけどね。

 

 

まとめ

アイスクリーム頭痛って、あの痛さは短時間で終わってしまうため
なんとか我慢できますが、心地いいモノではありませんよね。

ましてや、片頭痛の方があのような痛みを抱えていて
長い時間を過ごしているかと思えば本当にお気の毒に思います。

アイスクリーム頭痛が軽く見過ごされやすい原因は
根本的な病気ではなく短時間で収まってしまうからでしょう。

そんなことから、医学界でもあまり研究対象にはなっていないようです。

国際頭痛分類第2版(医学書院)にも、書いてあるようですが、

「アイスクリーム頭痛」は、論文でも使用されている正式な病名ですが
「以前使われていた名称」となっているようです。

そして今は、「冷たいものの摂取または冷気刺激による頭痛」
と分類しているようです。

この頭痛のメカニズムが分かれば、もしかしたら、、、
慢性の頭痛に何らかの対応策が分かるかもしれない?!

なぁ~んてことは、ないのでしょうか?

今後の研究が望まれるところです!

 

アッツ~イィ~日には、冷たぁ~いアイスクリームとかき氷で
ガッツイテもいいから、

  • 頭が痛くなることを覚悟して食べるか
  • ゆっくりと上品に食べるか

あなた次第!です。

いずれにしても、あなたと、あなたのご家族、特にお子さんの
満面の笑顔を期待して、

おいしくアイスクリームを食べてくださいね!

 

あなたに大きなし・あ・わ・せ・を!

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]