足りないものが補えて、足りているものを摂り過ぎない食べ方は、体の健康にはとっても重要な食事の仕方だと思います。

健康的な食べ方で、アンチエイジングな食べ方と食べ物!

とは、どのようなものがあるでしょうか?

 

 

誰しも、加齢とともにたんだんとお肌のハリやシワが増えてくる事が気になり、健康も気になりガチだと思います。

そんなとき、見た目の若さも気になってしまいますよねぇ~!

こういうときはやはり、アンチエイジングな食生活を心がけるべきGoodなタイミングですね、、、。

 

注意!

アンチエイジングな食べ物ってことに気を使いすぎて、食事にストイックになってしまっては元も子もありません。

要注意!ですね。

 

スポンサーリンク

 

バランスの良い食事を!と心がけることで、『毎日30品目!を食べること』と言われていても、1日にそんなに多くを食べることはなかなかに大変です。

ちょっとおおらかに構えて2~3日とか1週間とかのスパンで考えてもいいような気もしますが、いかがでしょうか?

アンチエイジングな食べ方と食べ物で

  • いつまでもあの人は若い!
  • っえ?!うっそぉ~?!若い~~!

な~んて友達や知人に言わせちゃいましょう!ね。

ちょっとした優越感にムフフになってみませんか?!

では早速、アンチエイジングの食べ物ランキング・ベストスリーを見ていきましょう!

 

 

No.3 皮も骨も頭まで!丸ごと~!

この方法は、かんたんに過不足なく栄養を取れる方法です。

それは、「丸ごといただく!」という考え方なんです。

 

生物が自身の生命を維持しているそのまんまをいただきましょう!という食べ方です。

「完全栄養食」とか、「部分栄養食」なんていわれているものですね。

 

  • 完全栄養 → 小さな食材を、丸ごと頭から全ていただく食べ方です。

たとえば、ししゃもやメザシ、イワシ、ホタルイカなど、小さな魚などはそのまんま食べれますね。

  • 部分栄養 → 大きな生き物で、マグロとか牛とか豚などは、丸ごといただくことはできません。

一部分的なところを食べることになりますね。これでは、栄養的にも偏りができてしまう!という考え方です。

 

メゴチやハゼのような小魚も頭ごと、骨ごと、腹ごと食べましょう。

これら小魚の皮の部分にはコラーゲンが多く含まれている!と言われています。

つまりは、美肌効果がある!と期待できそうですね。ムフフ・・・!

栄養的には、小魚を丸ごと食べることで

  • 動脈硬化や中性脂肪を抑える
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)

を効率よく摂取することができるようですよ。

その形・体を維持している栄養素をその個体のまんまで同じバランスでいただく!という考え方ですね。

 

スポンサーリンク

 

No.2 皮ごとそのまんまで!

果物などでよく思っていたのですが、、、

皮をむいて、しばらくそのまんまにしておくと色が変わったり、なんか味自体も変わってしまうように感じていました。

 

これって一体なんだろうか?と常々思ってはいたものの、そう気にもとめずにそのままにして考えもしませんでした。

この度それがアンチエイジジングな食べ物をリサーチしていて分かったんです!

変色や味の変化は、酸化作用で起きるんだ!と。

例えば林檎の皮。

皮の外側は、皮を剥いてもむかなくってもそのまんまで変色することはありません!

(ただし、季節をまたいでの時間の経過などは、今は考慮に入れてませんから、誤解なきようにね。)

まあ、当たり前といえばあたり前のことなのですが、自然界に対峙している表側ですから当然ですよね。

さて、その皮には「抗酸化作用」があったんです!

また、木になっているまんまのりんごが、なんかの拍子に傷ついても、すぐに皮が張ってきてりんごの実を守るそうです。

これは「創傷治癒作用」によるもので、自己防衛反応だそうです。さらに皮にはカビや菌から実を守る「抗菌作用」もあるようです。

これらはすべて皮に含まれる「ポリフェノール」の働きによるもので自然界に存在する重要な成分です。

科学的に作られた成分ではないので安心ですね!

エイジングは酸化からくる老化とも言われていますね。

そんな

  • 抗酸化作用
  • 創傷治癒作用
  • 抗菌作用

に、ポリフェノールが関係しているのなら、皮を食べないのはもったいないですね!

なおブルーベリーのように、小粒で色の濃いものほどポリフェノールは豊富なようです。

また、ポリフェノールのことを詳しく紹介すると、それだけで何ページにもなっちゃいそうなので別の機会に!

ただ、ちょっとだけ一覧表を作ってみましたのでご参考にどうぞ。

ポリフェノールは植物に含まれる成分で、代表的なものは、

  • フラボノイド
  • フェノール酸

です。

属性 種類 含まれるポリフェノール
果物 ブルーベリー アントシアニン
すもも タンニン・クロロゲン酸
いちご エラグ酸
嗜好遺品 ワイン アントシアニン
コーヒー タンニン・クロロゲン酸
緑茶 カテキン
野菜 ・春菊・レンコン
・さつまいも
・ブロッコリー

 

独立行政法人 国民生活センター
↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓
【ポリフェノール含有食品の商品テスト結果 PDF】 を参考にどうぞ。

 

また野菜ですが、前項の完全栄養を考慮すれば、やはり丸ごと食するのが理想です!

 

大根などは、以前おばあちゃんが葉っぱは煮付けや味噌汁に入れたり、皮は千切りにしてきんぴら風に料理したのを食べた記憶があります。

これなんかは、「もったいない!」という感覚もあったのでしょうが、アンチエイジング的な効果もあったんですねぇ~!

すごいぞ、日本の「もったいない文化!」 イェ~(・・v

お米なんかでも、白米に限らず雑穀のあわやひえ、玄米などを食する方法もありますね。

また、玄米の周りについているヌカにはLPSが大量に含まれています。このLPS(リポポリサッカライド)は「免疫ビタミン」と呼ばれています。

自然に免疫力強化ができて、病気やウイルスに負けない体作りに大いに役立ちそうですね!

分かりやすいのは、こういった雑穀類は土にまくと芽が出てきますが、精米された白米は芽は出てきません。

命の力、すごいですねぇ~!

命の連鎖は、こんなところから始まっているのかもしれませんね。

ただ、玄米や雑穀米には「アブシジン酸」という成分が含まれていて、このまま食べると

体内のミトコンドリアが傷つけられてしまうおそれがある!

そうですから、何時間か水に浸して、毒気を抜いてから炊くといいようですよ!

 

スポンサーリンク

 

 

No.1 はこれだぁ~!

エゴマオイルに含まれているアルファーリノレン酸には、「抗炎症作用」があります。

 

これは、オメガ3系の脂肪酸で、血液サラサラ効果も期待できるようです。

さらには、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも、効果があると言われているスグレモノ!ですから、食さないのはもったいない!ですよねぇ~。

また、このアルファーリノレン酸も含めて、オメガ3系の脂肪酸には

  • アレルギーの炎症を抑える効果
  • ガンやうつ病の予防の効果

があり、さらに体内では、網膜や脳細胞を活性化する成分に変化して

  • 視力アップや脳の働きアップの効果

が期待できるようです。

また、他のオイル、

  • アマニオイル(亜麻仁油)
  • カメリナオイル
  • サチャインチオイル

にも、オメガ3が含まれているようです。

なお、これらのオイルの食し方は、加熱しないで

  • サラダのドレッシング
  • 納豆や冷奴などにかけて

食するのがオススメです。

どんな食材にアルファーリノレン酸がより含まれているか表にしてみました。
ご参考にどうぞ。

 

アルファーリノレン酸を多く含むもの

属性 種類 備考
穀類 ・小麦 胚芽
・ライ麦 全粒粉
・大麦 いり麦
豆類 ・大豆 乾燥
・いんげんまめ 乾燥
・べにばないんげん 乾燥
リノール酸も
多く含まれる
種実類 ・えごま 乾燥
・くるみ いり
・あさの実 乾燥
種実とは、
硬い皮や殻に包まれた
食用の果実・種子の総称
野菜 ・えだまめ ゆで
・とんぶり ゆで
・ほうれん草 葉、ゆで
果実類 ・柿 干し柿
・アボガド 生
・ドリアン 生
嗜好飲料 ・煎茶
・ココア
・コーヒー
発酵食品 ・豆みそ
・米みそ
・麦みそ
藻類 ・カットわかめ
・ほしひじき
・素干しえながオニコンブ

 

これを知っていると損しない!

ここまでは、アンチエイジングな食べ方や食べ物ランキング!ベスト3を見てきました。補足的なことですが、これを知っているのと知らないのとでは損しちゃいますからね!

実は、食べ方や食べ物も重要ですが、食べる順番も大切な要素なんです。

例えば、いきなりご飯の炭水化物をお口に含み ムシャムシャは、血糖値が一気に上がりそうですね!

ですが、こういう食べ方が必要な方もいるんです!

スポーツをやっている人やスポーツに見合った体をつくりたい方などはこのような食べ方が必要です。つまり、スポーツをやって消費した分のエネルギーを早めに補う必要があるようなときの食べ方!ですね。

この食べ方を血糖値の高い人やダイエットを目指している人がやってはNGですね。
通常の方であればまずは野菜やお肉、お魚などタンパク質を先に食べましょう!

 

まとめ

アンチエイジングな食べ物って案外手近にあることがお分かりいただけたことともいます。

ただ、効果が現れるまでには時間差があります。

今日アンチエイジングな食べ物をいただいたので、明日からすぐにアンチエイジングの効果が期待できる!と言うものではありません。

 

効果を感じれるようになるまで、

  • 多少時間がかかる
  • なかなかに、期待する効果が現れにくい

と、諦めてしまう方がいるかもしれません。

ですが、

  • 人生はまだまだ続きます!
  • 時間はすぎるばかりで待ってはくれません!

嫌な言い方をすれば、加齢は止められません。(;´д`)トホホ…

加齢に逆らえないのであれば、加齢を遅らせる方法を見つければいいだけのことなんです!

それがアンチエイジングな食べ物で、体に活力を与えることなんです!

 

あなたの健康とアンチエイジングな生き方で、友人・知人を驚かしちゃいましょう!

  • っえ?!
  • うっそぉ~(#^ω^)

なんか、響きがよくありませんか~?!
ちょっとだけ、ワクワクしてきてしまいます。

最後まで、お付き合い下さり大変ありがとうございました。

あなたの健康とアンチアイジングな生活を祈っております。

し・あ・わ・せ・をあなたに!

ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]