今朝の早い時間、起きがけ前になんだか急にお腹がゴロゴロ…。

 

こんなことは私にとってはそう珍しくないことなので、なんにも気にしないでトイレに・・・

っえ、、、下痢・・・
スイマセン、下の話から始まってしまって m(==)^m トホホ

私、胃腸関係はあんまり丈夫な方ではないので

  • 胃痛
  • 腹痛
  • 下痢

なんかは結構しょっちゅう・・・なので、あんまり気にも留めていません。吐き気を伴ったり、痛みが強ければ、それなりに気にしてお医者さんに行きますが、、、

慣れたもので、自分でなんとか治しちゃっているんです。

まあ、胃腸を休めることがコツ!とでもいうのでしょうか、、、私の場合、それぐらいで治ってしまうことが多いのでした、今までは。

ところがこの度は、、、トイレの回数が多いので結局、胃腸科の先生の所で診ていただきました。

 

スポンサーリンク

 

水様便ってなぁ~に?

水様便は水下痢ともいわれたりする下痢のことで、下痢になる原因は、2つに大別出来るようです。

一つは、お腹が痛くなく熱も吐き気もなく、疲れやストレスからくる過敏性腸症候群といわれるもので、私の場合はこのタイプでした。

私事ですが、体の内も外もデリケートでストレスを感じやすい体質なのでしょうか(笑) (*´σー`)エヘヘ

もう一つは、ウイルスや細菌の感染による急性の胃腸炎です。ウィルス性胃腸炎とか食中毒などはこのタイプですね。これはちょっと罹患すると辛そうですね・・・。

では、病院でのお医者さんとの会話へ続きます。

お医者さんの診断は

受付を済ませ予診票を書いて待つ。。。

胃腸科の先生のところは、結構混んでいて待ってる時間が長いのでウンザリ…

その間にもトイレに数回、、、お腹ゴロゴロで。

そしてやっと私の順番です。

 

 

問診

先生:
うーむ、、、下痢ですか?

朝から何回トイレに行きましたか?

私:

起きてトイレへ行ってから1時間の間に3回です。
その後もお腹ゴロゴロで2回ほどトイレ通いでした。

病院に来てからも、2回行きました。

 

先生:

うㇺ~、、、多いですね。
熱、吐き気はありますか?

 

私:

ないです。

 

先生:

そうですか。

はい、ちょとお腹診ますね。
寝台に仰向けになってください。

 

視診

看護師さん:

お腹の洋服をまくりますね。
膝を立ててください。

 

先生:

ササッと目線をお腹に這わせて・・・
ちょっと触りますね。
(お腹を押したり、たたいたり(打診?)しました。)

 

検査

先生:

熱もなく、吐き気もなさそうですね。
血液検査は必要ないですね。

レントゲンの検査ですが、やっておきましょう。

 

私:

・・・?
(下痢で何でレントゲン検査なのだろう?って思いました。)

 

レントゲン検査

ここで、レントゲン検査でした。

先生:

レントゲン検査の結果ですが、
異常はなさそうですね。

 

スポンサーリンク

診断

先生:

原因は分かりませんが、胃腸関係が弱っているようです。

まあ、どこでも言われるでしょうが

  • ストレス
  • 疲れ

そんなところからくる下痢ではないでしょうか?

 

私:

誰かにうつったりしますか?
(子供にうつることが気がかりでした・・・)

 

先生:

熱も吐き気もないですから
ウィルス性の胃腸炎ではないですね。
なので、うつることはないと思いますよ。

 

お医者さんからのご指導

先生:

まず、2~3日、絶食してください。
胃腸に負担を掛けないことが大切なので。

ただし、水分補給は必要ですから
吸収のいい水分を摂るようにしてください。

勿論、お水でもいいですよ。

 

私:

分かりました。

 

先生:

お薬を飲んでおさまる気配がなかったら
また来てください。

一応、お薬は7日分と
強い下痢止めを3日分出しておきますからね。

下痢止めは、下痢が止まったら飲むのをやめてくださいね。

 

私:

ハイ、分かりました。

 

いただいてきたお薬はどんなの

頂いてきたお薬は、お薬の説明書きによる表によると以下でした。

・チキジウム臭化物カプセル10mg

朝、夕の2回服用で、7日分
→ お腹の痛みを抑える薬です。と記載アリ

 

・ヒオスリー配合錠

朝、夕の2回服用で、7日分
→ 胃腸の働きを正常にする薬です。と記載アリ

 

・ロペラミド塩酸塩カプセル1mg

(先生が、強い下痢止めの薬!と言ったお薬です。)
朝、夕の2回服用で、3日分
→ 腸管に直接作用して下痢を止める薬です。と記載アリ
→ 眠気やめまい等をおこすことがありますので、車の運転や危険を伴う機会の操作等は控えてください。水または白湯で飲んでください。事前にカプセルをはずしたり口の中で砕いたりして飲まないでください。と、注意書きアリ

の、3種類のお薬でした。

 

スポンサーリンク

私がたどった経過とは

病院を後にしてすぐにお薬を飲みました。
一回目のお薬です。

以下、その後の私の経過です。

 

・初日

全く食欲なし!なので何も食べてませんから、出るものはほとんどナシ、という状態になってきました。

でも、ゴロゴロは続いてトイレにはいくことは行くんです、、、。

お薬は、2回きちんと飲みました。

 

・2日目

絶食とお薬の効きめがあったのか、夕方ぐらいからお腹が軽く空き始めて食欲が出てきました。

お腹が空いてきた!ということは、少し良くなってきたのだろうか?

との思いからおかゆを少々食べてみました。うん、まんぞくぅ~♪でした。

この日は、先生がおっしゃってた「強い下痢止めのお薬」は、夕方から飲むのを止めました。

 

・3日目

さらにお腹が空いてきて食欲が出てきたので、おかゆの量を朝、昼、夕と、徐々に増やしてみました。

結果、まだ出てくるものはありませんでしたが、なんとなく快調でした。

水分補給は怠りません!

 

・4日目

朝、、、出るものが出ました。

泥便です。

体調はいいので、おかゆを止めて量を少なめの通常食にしました。ゆっくり噛んで、ゆっくり味わいながらいただきました。

  • 油もの
  • 消化の悪いもの
  • 生もの

などは控えて、おかずは豆腐とか納豆とか、卵や鳥のささ身などをいただきました。

お味噌汁もおいしかった記憶がありますよ!

 

・5日目

ほぼ、お通じは通常通りになってきたので、お薬を飲むのは止めちゃいました。

生活はほとんど通常通り!でした。

私的には完治です。

 

以上が、私のたどった経過でした。

 

まとめ

下痢で、何回もトイレに通うのは結構つらいものがありました。

変な話で恐縮ですが、水様便を出すお尻の出口もちょっと痛くなってきたりしました。

そうですよね、通常は一日一回ぐらいしかお世話にならないところですから。それが一時間の間に何度もお世話になるようでは、ちょっと出口にも負担が多すぎたのでしょう、スイマセン…。

 

下痢になった原因は日頃の生活習慣にあると思いました。

  • 食べ物
  • 飲み物

など、身体に府負担になるようなものを知らず知らずのうちに続けて摂っていたのかもしれません。

それが、2日ほど絶食したことで胃腸が休まり元気が出てきたのでしょう!

腹も身のうち!

 

ということですね。

  • 健康でいると、健康のありがたさを忘れがちです。
  • 体調を崩して初めて健康の大切さを思い知らされます。

 

大いなる反省です、気をつけましょう!

皆様もお身体をご自愛ください。

最後までお付き合い下さり

大変ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]