最近、イライラしてませんか?

いやイヤ、イライラなんてぜぇ~んぜん、してませんからぁ~♪
なぁ~んて方は、しあわせですね。

でも、イライラしたことがない人なんているのでしょうか?

いるわけがないですよねぇ~♪

生まれて間もない赤ちゃんはともかく、生を受けて数年のまだ小さなお子さんでも、もう立派なお年を召された大先輩でも、どこかでイライラを経験していることは紛れもない事実ではないでしょうか?

もしかしたら、たった今も・・・イライラしてたぁ~~~!

なぁーんて方もいるかも知れません。

事実、先ほど私は車の運転をしていたのですが、ちょっと先を急いでいたので、、、ゆっくりと前を走っている車に、つい、イライラッと、、、ヘヘッすいません。 (;´д`)

そこで、以前に試したことがあって、改めて効果をバッチリと感じることが出来た秘密のイライラ解消方法をご紹介いたします。

知ってて試すのと、気づかずにいるのとでは大違いです!

ぜひあなたも試してみてください!

スポンサーリンク

 

イライラを解消するにはこれが必要条件!

  1. 今、イライラしているのですぐに解消したい方
  2. イライラした時の解消方法を探している方

で、読み進めていく上で印象が違うかもしれません。

このイライラ解消方法は、イライラの最中から早くに抜け出すための秘策を提案させていただいてます。

ですので、今イライラの最中にいる方はすでに、ここ冒頭のハードルをクリアしているのでここはスルーして、3つの秘策・解消方法にお進みください。

m(_ _)m

 

また今後、イライラしたときの対策としてその場ですぐにできることを提案させていただいてます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

意外と皆さん気づけていないような気がするのですが、イライラを解消する前にまずもって必ず必要なことは・・・

イライラしている自分に気づくこと!

です。

あれっ、なんかズッコケてません?肩透かしでしたか?

 

今、自分がイライラしていることが分かるから、イライラしない方向へと行動することが出来るのです。

もちろん、「イライラすることを続ける」という選択肢もありますが、続けることに関しては、今自分がイライラしていることに気付かなくっても続けることは出来ちゃいますね・・・。

これは、傍から見ればそんな人には近づきたくない状況ではありますよね、イッヤァ~~!ってな感じです。

ではまずはイライラしている自分に気づけてその後の解消方法へと進んでまいります。

 

 

1.イライラの解消方法は体を動かす

結構シンプルな方法ですが、案外効果があるのでビックリ!ですよ。

イライラしているときは、なにかと攻撃的になっている自分に気づくことってないですか?

例えば、

  • 車の運転をしていて渋滞しているとき → つい、チッと舌を鳴らしちゃう
  • 急いでいるのになかなか順番が回ってこないとき → 貧乏ゆすり?
  • 傘をさすほどではないけど小雨で体が濡れたとき → これも、チッ!
  • 相手の話す言葉がゆっくり過ぎるとき → 話の腰を折ってしまう

など、様々なシチュエーションが考えられると思います。

 

こんな時は、体が緊張していて、筋肉も硬くなっているときと思われます。そんな緊張状態の体・筋肉をほぐす意味で体を動かすことが重要になってきます。

では、どんな動かし方がいいでしょうか?

 

イライラ解消の体の動かし方

イライラしている状況で体の動かし方が多少変わってきます。

座っているときと、立っているときでは、体の動かし方が違ってくるのはご理解いただけると思います。

では、順番でみていきましょう。

 

 

    1. イラついている自分に気付く
    2. 大きく深呼吸(できれば腹式呼吸)を2~3回する
    1. 首を左右2~3回ずつまわす
    2. 左右片手ずつ、グーパーを2~3回繰り返す
    1. 足の底が床、地面にきちんとついていることを意識してください。
    2. 左右交互に5回ずつ、足踏み(できれば足を高く上げましょう)をします。

 

 

1-2

すでにここで、ある程度のイライラは解消されているはずです。
イラついている体は、呼吸が浅くなりがちなので、深呼吸が効果を発揮します。

 

3-4

ここで上半身の緊張はかなり取れたはずです。

緊張がほぐれれば、血液の循環がよくなってきます。結果、エネルギーの循環がよくなってきて、イライラが少しずつ小さくなっていくのが分かるでしょう。

ほとんどのイライラがこれで解消できると思いますが、下半身の動かし方をお伝えいたします。

 

5-6

これは、立っていても、座っていてもできる動きです。これだけでも、血液循環はよくなります。

 

1-6、案外シンプルで、簡単でしょ!ねっ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

2.イライラの解消方法は姿勢を正す

イライラしているときのご自分の姿勢って、気にしたことありますか?

イライラに気づいた時、鏡でご自分の姿勢をチェック出来たら是非ともチェックしてみてください。いつもの姿勢と違うことに気づけるかもしれません!

 

そんな違う姿勢(心も体も)を、いつも通りに戻すだけでイライラの解消につながります。

 

重心は体の中心に

  • 急いでいるときは、いつの間にか前のめりの姿勢に・・・
  • 人の言動が耳障りなときには、(上半身だけでも)その人から体が遠ざかる姿勢に・・・
  • ちょっと匂いが気になるときには顔をそむける姿勢に・・・

などなど、いかがでしょうか?!

案外気づいていないですが、こんな姿勢をとったりしてませんか?

ただ、臭いとか、視界に入るものとかが原因でのイライラは、体の姿勢ではなく根本原因から離れる姿勢(方法)を思案しなければいけないかも知れません。

姿勢違いですが、イライラと向き合うことではそれも必要なことと思います。

また、人の体は水分50%-75%以上でできています!なんてよく聞くことと思います。
そこで器に水が入った状態をイメージしてみてください。器を傾ければ、水も傾き偏りますね。

人の体も傾けば体の芯・重心が変わってくるんです。重心が変わることで、体を支えるために筋肉のバランスも変わってしまいますからストレスがより多くかかる筋肉も出てくるわけなんですね。

イライラによる、何気ない体の反応ですが姿勢か変わることでの重心の変化からくる筋肉へのストレス、意外と気づけないところではないでしょうか?!

重心を元に戻すには、前後、左右と体を2~3回ずつゆすって、ご自分の感覚でいいので中心を取ってみてください。

この時、頭のてっぺんから紐か何かで自分が吊り下げられているイメージが出来れば、重力を利用して重心の中心をとることが出来ます。

これ、イメージできると意外と使えますよ、気持ちいいです。

 

目線を水平より下げない工夫

うつむき加減な姿勢を長時間続けると首回りや肩が凝ってきたり、目がしょぼしょぼした経験はありませんか?

例えば、長時間のキーボード操作などです。そうそう、今そこでうなずいたあなた、ね、経験あるでしょ?!

これは、ある意味筋肉の血の巡りが悪くなってきている証拠ですね。血液だけではなく、リンパ液、髄液などの巡りも悪くなってきているかもしれません。

こんな時は、30分おきに伸びをするだけで効果てきめんです。

是非お試しください。

 

3.イライラの解消方法は感情を吐き出す

何気なくため息を”ハァー” (;´д`)トホホ
なんて経験ありませんか?

 

これ無意識に、本能のままに、体の内にたまったネガティブな感情を外に吐き出している行動なんです。
吐き出すことで、体の内にため込まなくてすみます。

人間本来の防衛本能からくる行動ですね。

イライラの解消も同じで、イライラに気づいたらその感情をため込まずに吐き出してしまいましょう!

さてその方法は、

 

 

  1. 深呼吸で、呼気の際吐き出せる最後の息まで吐き出す。
    (この時、声を出せればなお効果的)
  2. 大声で叫ぶ(人前ではNG)
  3. 思いのたけを誰かに聞いてもらう(聞く方は大変ですが反論しないことが大切)

 

 

これぐらいできれば、イライラはすでに解消されていることでしょう。

 

イライラの本質を知ればイライラしなくなる?!

 

まずはイライラに気づくところから解消する方法までをお伝えいたしましたが、イライラの大本・本質とはどんなものでしょうか?

イライラは、

  • なぜ起こるか?
  • どこからくるのか?

それが分かれば、元から断てばいいわけですから案外簡単にイライラを起こさずに済むかもしれません。

イライラの本質はある意味イライラの原因的な要素を含んでいるように思われますので、後日別記事でお伝えしたく考えております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

イライラに気づくシンプル・グッズ

っえ?!なに?!こんなものがぁーー???

と思えそうなグッズですが、出し惜しみせずにお伝えいたします。

ジャジャジャジャ~~~ン~~~~発表でぇーす!

 

 

一番のお勧めグッズはこれ!

輪ゴム!です。

っえ?なにっ??またまた肩透かし???イエいえ、本気です!

ではこの輪ゴム、どのように使うかですが、

  1. 左右どちらでもいいので手首に輪ゴムを一本つけときます。

そして、↓ ↓  ↓ ↓

  1. イライラしている自分に気づいた時に、手首の輪ゴムをパチンするのです。

そう、手首が痛いです。

その痛みをきっかけに、

  1. 今自分がどんな気持ちなのかを自分自身で客観視するように習慣づけをするのです。

(パブロフの犬みたいな条件反射ですね・・・)

すると、痛みに伴ってイライラしていることに気づけた自分を客観視できるわけです。

 

そして、

  • イライラを続けるか
  • イライラを止めるか

選択ることが出来ますね!どうです、スゴイでしょ!輪ゴムの力!

これが、気づきをもとに行動するということと思います。

 

イライラにすでに気付いておられる方はこのグッズは必要ないかも知れません。

 

 

 ~~ ご注意ください! ~~

イライラに限らず、なにかに気付いた時に輪ゴムパッチンで状況やご自身を客観視することをお勧めしています。

けっして、肉体的な痛みで、精神的に追い詰めることが目的ではないので誤解のないようご理解ください。

痛みに対しては、許容範囲が人それぞれで違います。

なので、痛みに弱い方・苦手な方はお試しにならないようご判断ください。

 

 

 

まとめ

イライラする自分も他の人も、残念ながらあまりステキには思えません!

試せるなら、イライラをしないで済む方法があれば、是非ともしてみるべきではないでしょうか?

そのはじまりが自分を客観視することから始まるんだとすれば、イライラだけではなくって他にもいいことがありそうな、なんかそんな予感も致します。

小さなイライラは、大きなイライラの元になることがあったりしますから、出来れば避けたいものです。

だからといって、常にイライラを表に出さずに我慢するようではイライラの蓄積が山になってしまい爆発してしまったんでは大変です。

ちょっと矛盾するようですが、そんな時は、

  • 人目を気にしなくていいところで
  • 人様に迷惑にならないようなところで

吐き出すセレモニーをやっちゃいましょう!

イライラ感情吐き出し習慣を作っちゃえばいいんですね。

そして気持ちをすっきりさせてリセットすれば、また今から頑張ることが出来ますから!

なんとも世知辛い昨今、心明るく爽やかに過ごせる環境があればステキですね!

あなたと、あなたのご家族に大きなしあわせを!

最後までおつき合い下さり大変ありがとうございました。

 

感謝。感謝。。。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]