うちわの使い勝手を比較してみました

今年の夏は大変暑く、熱中症のニュースが連日流れ続け、とても過ごしがたい夏のように感じたのは、みなさん同じことと思います。

それでも、夏を過ごさなければ秋にはなりません、当たり前ですが…。

 

さて、そんな夏、エアコンをガンガンかけて空調し、部屋の温度を下げさえすれば、過ごしやすくなるかと言えば、そうとばかりも限りませんよね、、、。

冷えすぎは、体によくありません。
でも暑いのも、過ごすのが大変です。

 

そこで部屋の温度を下げすぎないで、うちわであおぐことで、体感温度が涼しく感じる方法を実践してみました。

 

なぜうちわなの?

 

ということはさておき「うちわ」の使い勝手を比較してみました。

 

ただ、使い勝手と申し上げましても、個人の感覚的な部分が多く、数値化できません。

なので、あくまでも私自身の個人的な主観ということをご理解いただき、先に読み進めてくだされば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

世の中に出回っている「うちわ」大別して2種類

いま、みなさんの手元にあるある「うちわ」は、プラスチック製の骨があり、風をあおぐ面には何かの宣伝を兼ねたうちわが多いと思います。

様々なところで、手軽にいただけたりしますから、便利に使うことができますね。

 

また、今ではなかなかお目にかかれない、骨が竹製のうちわも、昔ながらの日本製のうちわですね。

さて、そんなうちわ2種類の使い勝手を比較してみました。

 

因みに・・・うちわとは

<< うちわ(団扇)を簡単に解説 >>

手であおいで、風を起こす道具です。用途は

  • 風を起こして涼むために自分をあおぐ
  • 風を起こして蚊などを追い払う
  • 風を起こして焚火や炭おこしなど火力を強める

等が挙げられると思います。

動力が人力で、道具を使って風を起こし目的を達成するもの、
ともいえると思います。

うちわは通常、風を起こす扇部と柄の部分で作られております。
扇部には骨があり、そこに紙が貼ってありその面で風を起こすわけですね。

柄の部分を手で持ち、手首を使って扇部を動かし風を起こすという塩梅です。

1.骨がプラスチック製のうちわ

 

今の時代、一番メジャーなうちわではないでしょうか!?

どこに行っても、暑い時期の様々なイベントでよく見かけるうちわです。無料でいただけちゃったりしますね。

手軽にいただけるということは、生産コストが安い!ということなのでしょう。

しかも、うちわ面に宣伝が載せられるとなると費用対効果が期待できるのでしょう!

このプラスチックのうちわは、数年前に各地でいただいたものです。

プラスチック製のうちわは、普通に使っている分には劣化が少なく、よほど荒っぽい使い方をしない限りは、数年を経て使えそうですね。

ただ、風を起こす際にはスナップを強く利かせないと、プラスチックのしなりが弱く、涼やかな風は起こせないように感じました。

スポンサーリンク

 

2.骨が竹製のうちわ

 

写真のうちわは、京都の芸子さんからの頂き物です。

 

京都市左京区岡崎円勝寺町の小丸屋住井製と柄の部分に貼ってある紙に記載されています。

 

これは、今でも職人さんの手作りうちわで、生産コストもかさんでくるのでしょう。

小丸屋住井さんは、うちわに限らず、舞扇子や様々な舞台小道具を扱っているお店で、かなりの老舗のようです。

 

↓  ↓  ↓  ↓

詳しくは、こちらをご参照ください

 

歴史的には、千年以上と推測されているというからかなりのものですね!

 

なんでも始まりは公家の時代に帝の命によりうちわを作り始めたとか、、、凄いですね。

 

なかなかに手軽にいただけるような、買えるようなうちわではなさそうですね、、、。

 

竹製のうちわは、使っているうちに骨(竹)の劣化が進みそうに感じました。また、骨に貼ってある紙が和紙のようで、黄ばみが少し出ているようにも感じました。

ただ、あおぐと風量が多くさわやかさが心地よく感じました。さらに、あおぎ勝手も手の負担が少なく軽くスナップをきかせるだけでいい感じであおげました。

これは、竹のしなやかさがきいているからなのでしょうか?

プラスチックに比べれば、楽にあおげて風量が多いように感じました。

 

2種類のうちわ比較

重ねて写真を撮ってみました。

 

これだけの大きさの違いがあります。

手でもつ柄の長さも違いますね、、、。

双方のあおぎ面の大きさを比べてみると、あおぐうちわの面の大きさが竹製のほうが大きい割にはあおぐ手の負担は少なく感じます。

これは、職人さんが作るうちわと、規格品のプラスチックうちわの違いでしょうか?

 

プラスチックうちわは、うちわ面の宣伝が違うだけで、大きさはほぼ同じように感じます。機械が作る工業製品のため、サイズが統一されているようです。

以下に、宣伝文句が違うプラスチックうちわを重ねて写真を撮ってみました。

いただいた地域はバラバラなのですが、同じようなサイズ・形ですね、まるでコピーです。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

日本人の風流として、夏に「うちわ」は欠かせませんね。

そこに浴衣でも着て、お出かけとか自宅で過ごすにしても、片手にうちはわは定番のように感じます。

 

プラスチック製のお手軽うちわと、竹製の元来の日本のうちわは、使う目的は双方とも一緒です。

 

目的は一緒ですが、使い勝手は当然違ってきますよね。

 

あなたは、使う目的によって

  • プラスチック製のうちわを選びますか?
  • 竹製のうちわを選びますか?

 

これは私的な判断ですが、使う目的で選ぶのではなく、使うシチュエーションで選びたいように感じました。

 

要は、見栄えでしょうか?!

 

浴衣を着て、日本風に過ごしているときにはできれば竹製の日本古来からのうちわを!

なんとなく、TVを観ながら自宅で気楽に過ごすときなんかは、手を伸ばせばそこにあるようなうちわ、プラスチック製を・・・と、シンプルに。

 

皆さんは、如何様な使い方をお選びになるでしょうか?

 

それぞれの生活環境に合わせて、心地よく道具を使いたいものですね。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうござました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]