家族のために毎日一生懸命に働き
お疲れになっている皆様、本当にお疲れ様です!

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m

そんな日々の生活の中、特に気遣うことは

  • ご家族の健康
  • ご自身の健康

ではないでしょうか!?

健康であれば、たとえ大変でも働けるし、
家族で一緒に出掛けられる楽しみもありますね!

家族の誰か一人でも、健康を害していれば
家庭の中の空気がどうも重たくなってしまいます。

たとえ風邪で誰か一人が寝込んでいるだけでも
そんな空気が流れてしまいますから
皆さんすでにご経験済みであると思います。

私は、買い物も家族の健康を考えて実行しております。

少しでも、体に良い食べ物を!と思って
商品を手に取って、

  • どこの国の商品?
  • どんな添加物が入っているの?
  • 塩分、油分は多くない?
  • 化学調味料は多くない?

などなど、さまざまと商品の裏書を見ながら
注意して買っておりますが、あなたも多分そのようにして
買い物をしておいでではないでしょうか?

ですが、今流行りの世の中の健康志向につけこみ
実態を伴っていない言葉に惑わされている方々が
本当に多いと感じています。

たとえば、

  • ○○酵素入り?
  • 添加物はなに?無添加だからいい?
  • 低脂肪、低カロリー、低たんぱく

などですが、まだまだあると思います。

また、本来は健康にいいはずなのに健康に悪い食べ方をしている方も
意外に多いのではないでしょうか?!

家族や自分の健康のためにと

  • 時間とお金をつぎ込んで選んだ商品が・・・
  • 健康に気づかい、健康のためにと思って選んだ商品が・・・

実は健康を害してしまうようでは本末転倒どころか
大きな無駄!不幸の始まりになってしまいますよね。

そこで皆さんと共に、正しい知識を得るためにも

誤解していた?ダマサレやすい言葉3つ!

をみていきたく存じます。

  1. 酵素入りだから、消化や代謝にいい?!
  2. ○○無添加食品だから、安全・安心?!
  3. 低脂肪・低カロリーだから、太らない?!

です。

以下のように進んでまいります。

スポンサーリンク

体に良い食べ物って本当かなぁ~?ダマサレやすい言葉3つはこれ!

日々、健康でいることが何よりも一番!
健康で、働いて、家族と幸せに暮らす!

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_m

どんな方でも、必ず一度は考えた生活スタイル!
と思います。

明石家さんま さんの言葉

「生きてるだけでまるもうけ」

は有名ですが、それに健康が加われば
どんなことでも乗り越えられる!勇気を頂けると思います。

そこでここでは、あなたとご家族の健康のために
普段何気なく信じて疑わない?もしかしたら誤解している?

  1. 酵素入りだから、消化や代謝にいい?!
  2. ○○無添加食品だから、安全・安心?!
  3. 低脂肪・低カロリーだから、太らない?!

について書いていきます。

さて、そんな健康志向ですが誤解がはびこっているように感じます。
実際、私も誤解しておりました。

  • 世間一般の思いこみを受け入れてた
  • 誰かが(マスコミなど)健康にいいと言えばつい飛びついてしまう
  • 健康によさそう!という自分勝手なイメージ
  • お金をかければ、高い商品だから健康にいいはず?!

などなど、恥ずかしながら誤解街道まっしぐらで
今まで無駄に生活してきたように感じます。

本当は、きちんと正しい知識を持つための
努力が必要なんですね!

思い込みや、から知識で健康を望んでいた自分が
つな渡りの健康志向人生だったと反省させられました。

以下、あなたと!あなたのご家族の健康!のために
是非お役立ていただければ幸いです。

1.酵素入りだから、消化や代謝にいい?!

最近の健康志向から、いろんな食べ物の製品に

*酵 素 入 り !!

と謳われている食べ物をよく見かけます。

470889

今までの私は、「酵素入り」の言葉につられて
すぐに安心して、つい手が伸びてしまってました。

でも、これは間違い!ってことに気づいたんです。、

では、どこが間違っていたのか・・・?
酵素とはいったいどんな代物なのかみていきましょう!

酵素とは、生命を維持していくために必要不可欠の物で

  1. 体内(潜在)酵素 ⇒ ①消化酵素 ②代謝酵素
  2. 食物酵素

と、人と関わりのある酵素は3つあります。

Ⅰ-①消化酵素は、
食べたものを体が吸収しやすいように消化するための酵素です。

Ⅰ-②代謝酵素
食べた物が消化酵素によって栄養やエネルギーになったら、
それを体の中で働かせる酵素です。

Ⅱ.食物酵素
消化を助け、そして体内の消化酵素を補い働きを助けくれる酵素です。

この酵素の重要性を説いたのは
アメリカ人医学者、エドワード・ハウエル博士です。

博士が著した「医者も知らない酵素の力」は、
酵素と食事、健康について詳しく書かれてあります。

酵素のさらに詳しい話は、また別の機会にいたします。
ただ、酵素について詳しくお知りになりたい方は
上記本をご参考にされてください。

先に進みます。

人は、食べることで食物から動くためのエネルギーを頂いております。
その役割を担っているのが酵素です。
(消化酵素・代謝酵素の働きは上記致しました)

当然に、その酵素が不足すると消化や代謝がうまくいきません。
そこでさかんに宣伝されているのが

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_m

  • 酵素サプリメント
  • 酵素ドリンク

などの類ですね。

ですが酵素というのはタンパク質でできていますから
そのまま酵素だけでは体に吸収されることはないそうです。

つまり、いったんアミノ酸に分解されて吸収されて
体の必要に応じてタンパク質に再合成されて吸収されます。

ちょっとややっこしいですが、酵素は酵素のまま単独では
なんら体にいいことを成さない!
と覚えて下さればいいと思います。

また、体内で作られる体内酵素には限りがあって
消化酵素・代謝酵素の総量が決まっているということです。

つまり、どちらかが多く必要になって働けば、
片方が少なくなって働きを抑えるようにできているようです。

またまたややっこしいですが、つまりはこういうことです。
たとえ話を用いたほうが理解しやすいと思うのでそう致しますね!

あなたが風邪をひきました

↓ ↓ ↓
熱があって動きが緩慢になっています

↓ ↓ ↓
でも、熱が出ることで汗をかいて代謝が活発になっています

↓ ↓ ↓
ただ、食欲がありません

いかがですか、この流れ。

風邪などのウィルスに身体が侵され発熱などした場合
代謝を活発にして、風邪の原因のウィルスを体外に排出することを
体は選択します、防御機能ですね。

ここで、代謝酵素が多く必要になってきます!

代謝機能が活発になると、その分消化機能が衰えてしまいます。
これが食欲が出ない原因ですね。

つまりこれは、消化酵素が少なくなっているということです。
どうでしょうか、お分かりいただけたでしょうか?

体内酵素の総量が決まっているから、総量を補うための
体外から摂りいれる食物酵素!が必要というわけなのですね。

では、ここで補えばすべてが万事、大丈夫!ということなのでしょうか?!
いえいえ、そういうわけではありません。

先ほどもお伝えした通り、酵素がそれ自体で体に吸収されません。
つまり、酵素だけ取り入れても効果がない!ということなんです。

ここでは、酵素入りだから!という理由だけで
その商品を買うのは無駄ですよ!
とだけご理解ください。

矛盾しているように感じるかもしれませんが
体外から生野菜や発酵食品から食物酵素を取り入れることで
確かに体質改善の効果は期待できるんです。

またまた、また~~、 ややっこしくなってきましたが、
これは、

1.体内酵素の総量が決まっている

↓ ↓ ↓
2.体外から食物酵素を摂り入れる

↓ ↓ ↓
3.体内酵素の消化酵素を体外から取り入れた食物酵素が
補ってくれる

↓ ↓ ↓
4.食べ物を食べることにより食物酵素が消化を助けてくれる

↓ ↓ ↓
5.体内酵素の代謝酵素をより多く働かせることが出来る

↓ ↓ ↓
6.結果、代謝がよくなる身体に変化していく

という好循環が現れてきます。

57d18a3ee80a60d1b8f9dcc284fe74ec_m

つまり、食べて取り入れる食物酵素は必要なんですよ!
ということですから、混乱しないでくださいね!

上記段階の中で、2段階かの「体外から食物酵素を摂りいれる」
ことが必要なんです。サプリやドリンクでも構いません。

ただ、その先の段階に進んでいかないと意味がありません!
ということなんです。

なぜなら、再三申し上げましたが
酵素は単独では体に吸収されないから!なんです。

そのために、4段階の食べ物を食べることが大切になってきます。

よく酵素は空腹時に摂りましょう!なんて説明書きを見かけます。
それはつまり、そのあとに食事をしてくださいね!ということなんです。

ただ単に酵素だけをとっても意味がありませんよ!というのは
そういうことだったんです。

なので、ただ単に酵素入り!なんて商品は気を付けましょうね。

特に注意が必要なのは、酵素入りの製品と思って飲んでいるけど
甘い・・・と感じていた!なんて場合は・・・

糖質が加わっている場合があるので逆に、飲み過ぎに注意が必要です!
なぜなら、体や脳が甘いものに依存してしまうからなんです。

(糖質に関しては、後ほど出てきますからお楽しみに!)

スポンサーリンク

2.○○無添加食品だから、安全・安心?!

無添加を、何も混ざりがない天然もの!と思っていませんか?!
無添加だから安全で、安心できる!という思い込みはいけませんよ。

347aad7fa877e0ffa7e84d4641ba1edf_m

消費者庁のHPによれば、添加物の表示の原則は

『 使用した全ての食品添加物を「物質名」
(名称別名、簡略名、類別名も可)で食品に表示する 』

となっております。

また、無添加については、単独で無添加であれば

『 ○○無添加 』

という表示が許されているようです。

例えば、

「合成着色料無添加」と表示されていれば
無添加なのは合成着色料だけ!です。

保存料や着色料もしくは化学調味料なんかは
使用されていることはあっても法的には何らおかしくはないわけです。

つまり、○○無添加だから・・・
それだけで安全と思い安心するのは禁物ですよ!ということなんです。

最近の加工食品は、手軽で大変おいしくなってきております!
でもそれは、味がよくなるための理由が存在している!はず・・・
と思いませんか?

つまり、人の味覚が数年の間にそう変わらないのに、

  • 味だけがよくなってきている
  • 加工食品だけど、成分、添加物が記載されている

これは、各メーカーさんの大きな努力のたまもの!
ともいえることですが、それだけでしょうか?

ここ30年の間にガンによる死亡率が倍増以上に増えております。
これが何を原因としているかは定かではありませんが・・・

世の中忙しすぎて、食べ物を簡略化し過ぎてしまい
その結果、出来合いの製品に手が伸びてしまっている・・・

なんてことありませんか?!

食べ物は、生ものです!

  • おいておけば腐ります
  • 保存するにはそれなりの手順や添加物が必要です

なので、どんな食品でも、

○○無添加!?

だけを信じない様にいたしましょう!

その陰に、怖い添加物が潜んでいる可能性があることを
自覚しておきましょう!

3.低脂肪・低カロリーだから、太らない?!

  • ダイエットしているから、低脂肪ヨーグルトを食べてます!
  • 脂肪をとると太るから、低脂肪食品を摂っています!

なるほど、頑張ていますねぇ~!!エライ(^^♪
でも、本当にそれで大丈夫でしょうか?!

  • 太りたくないけどカロリーが低いから、ちょと食べ過ぎても大丈夫!
  • 脂肪の方が炭水化物より高カロリーだから、炭水化物でお腹を満たそう!

さっすが、頑張っていますね!

6986d52de7d1bb7aa1e8bab7c36fa93e_m

などと書き連ねましたが、これ全て正しいと思っていたら
大きな間違いですからね!勘違いしないでくださいね!!

  • 脂肪を摂るほうがむしろ痩せる場合もあるのです!
  • たとえカロリーが低くても太る原因になってしまうことがあるんです!

では、詳しくみていきましょう。

まずは、脂肪の方からご説明いたします。

120a9edfc4ce58316dbfaaaf6f05bd6e_m

脂肪をとると太る!これは今までの定説のように思いますが
(ダイエットしている方の呪文のようでしたよね!?)

じつは、タンパク質と脂肪を一緒にとると血中の血糖値が上がらず
活動を維持するために分泌されるホルモンの作用で
脂肪細胞中の脂肪が分解され血中にどんどん放出される・・・

ってことはつまり、

脂肪を摂る方がむしろ痩せる!ということになるわけですね。。。
あら、不思議!

もちろん、摂り過ぎはいけませんよ!!

(ダイエットの場合、脂肪よりも糖質の方が肥満の原因!
と理解してダイエットに挑戦した方がいいですよ!)

結論は、

低脂肪食品には痩せる効果は望めない・・・です!

今まで信じていた低脂肪食品神話はうっそぉー?!
ってことですよね。。。

残ねぇ~ん・・・ということになるのでしょうか。

さて、低カロリーですが、

カロリーが低い食べ物なら食べても太らない!
って思っていませんか?!

確かに

  • 脂肪1gあたりのカロリーは9キロカロリー
  • 炭水化物1gあたりのカロリーは4キロカロリー

明らかに、同じ重量なら脂肪の多い食べ物のほうが
高カロリーで、炭水化物が主体の食べ物のほうが低カロリーですよね。

ここで考えて欲しいことは、

炭水化物は食物繊維と糖質でできている!ということなんです。

糖質は吸収されたあと、脂肪に変わるんですよ!
ましてや、ごはんやパンなどの主食はほとんどが糖質!

たとえカロリーが低くても太る原因になってしまいますよね。

まあ、最近は炭水化物を控えるというダイエットも
流行ってたようですが、それも一理あり!ということでしょうか。

つまり、ここでお伝えしたいことは
糖質が多いと太る原因につながる!ということなんです。

カロリーで判断することよりも糖質で判断しましょう!
もしかしたら、カロリー信仰は

すでにナンセンスなのかも知れませんね。

まとめ

食することは、生きることにつながります。

なので、より健康に生きていくためには
健康を維持できる食べ物を選ぶ必要がありますよね!

ちょっと値が張るけど、無理をして手に入れてた商品や
思い込みや勘違いで間違った行動をしていませんでしたか?!

ということを、以下の内容でご提案させていただきました。

  1. 酵素入りだから、消化や代謝にいい?!
  2. ○○無添加食品だから、安全・安心?!
  3. 低脂肪・低カロリーだから、太らない?!

ちょっと、ややこしい部分もあったかとは思いますが
今まで自分が

  • 考えてたこと
  • 思っていたこと
  • 認識していたこと
  • 信じていたこと

などを、ちょっとだけでも立ち止まって
思案していただけたら大変うれしく思います!

あなたと!あなたの大事な人たちやご家族が
健康になるきっかけになれるんだったら、
どんなにステキ!なことでしょ!!ホントにうれしくなちゃいます!!

最後まで、お付き合い下さり

大変ありがとうございました。

あなたと、あなたの大事な人たちやご家族に、
いっ~~ぱいの幸せを~~!

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]