皆さま、お仕事大変お疲れ様でございます!

今のご時世、ほんとうに、ご苦労様!と、
声をかけたくなるぐらいです。

それにしても相変わらず、金融機関の就職人気がおさまりません。
何故なのか私にはとんとわからないのですが・・・???

7644fbac572c5e30aa7582b044ffe92a_m

東洋経済新報社によると、就職人気ランキングベスト10の内
7社が金融企業
とのことです。

職種や就活中に人気があっても、それがすなわちいい企業!
とは限らないと思うのは、私だけでしょうか?

本来は、就職後に満足できる企業であること!
が重要だと思うのですが・・・

 

先日、せっかく出世して42歳でメガバンクの支店長になったのに
50歳を前にして、辞めてしまった!
という方と話をする機会がありました。
(仮にAさんといたします)

なんでも、入社同期の中で2番目の出世頭だったそうで
Aさんは、会社から将来を期待されていたようですが、、、

嫌気がさしてしまった・・・と。

その訳もお聞きいたしましたので
それらも踏まえて、

  1. 出世競争は入社前から始まっていた
  2. 営業は自社に儲かる商品を売ること
  3. メガバンクの支店長でも、会社を辞めた理由

と進んでいきます。

仕事は、ライフワークとしてのやりがいが必要です!
ですが、やりがいがあっても生活していけなければ
仕事をやっている意味がありません!

人気就職先の企業が生涯、勤めあげられる価値ある企業なのかを
一緒に考えてみましょう、あなたの人生の幸せのために!

早速、以下のように進んでいきたく思います。

スポンサーリンク

注意!!

ここでのAさんから聞いたお話は
私の主観的な受け止め方です。

決してAさんが、某メガバンクを誹謗・中傷
しているわけではありません!

むしろ、

『 その会社での経験に感謝している! 』ぐらいでしたから!

当然私も、その某メガバンクを誹謗・中傷
しているわけではありません!

もし、この記事をお読みになって
気を悪くされる方がおいででしたら
大変申し訳ありません。

たんなる私の主観だけですので、
どうぞ、ご容赦ください。

よろしくお付き合いください。

会社を辞めた理由は?!某メガバンク支店長の想いとは?

8cd928ff86cf56f36c2ce726dfc6ac08_m

ライフワークとしての仕事ですが、
ライスワークでもあるわけですね。

ここでは、

  1. 出世競争は入社前から始まっていた
  2. 営業は自社に儲かる商品を売ること
  3. メガバンクの支店長でも、会社を辞めた理由

のように進んでいきますが、

金融企業って、なかなか人気があって
入社することが非常に大変だそうです!

中でもメガバンクはさらに就職するのが難しい職業だそうです!

人気があるってどういうこと?をちょっとだけ考えてみましょう。

たん的に言うと、人気がある!ということはそれだけ競争が激しく、
なかなか就職することはかなわない!
ということにもなるのでしょうね。

なんか、競争ばかりで、嫌気がさしてしまいそうな
世知辛い世の中ですが、そうばかりも言ってられません。

就職して、働いてお給料を頂かないと
暮らしていくことが出来ないばかりか
世間的な体裁も悪いし・・・

でも、体裁よりももっと心に重くのしかかるのが

自分は世の中から必要とされていない・・・のでは?

なんて、自己嫌悪に陥ってしまう人もいるらしく
自分を卑下・否定してしまいがちになるようです。

でも、、、

全く、そんなことはない!! ですからね!!

3176d8ef756baff4935c873cf7ff99f7_m

あなたは、あなたで、本当に必要な方なんですから
誤解しないでください!ね!

では早速、常に毎年、人気職種・就職ランキング上位の
金融企業に就職した、Aさんの経験をもとに
話を進めてまいります。

1.出世競争は入社前から始まっていた

就活の競争を勝ち抜いて、企業から合格通知を頂けた!
就活を勝ち抜けた!と、Aさんは大変喜んだそうです!

なんたって、誰もが知る「メガバンク」なんですから!

そして、メガバンクの入社式での出来事・・・

入社式に臨んだその当日、しょっぱなから唖然とし
浮かれた気持ちが吹っ飛んだそうです。

出身大学の名札が席に張り付けてあって
有名大学が前列から席を埋めていたそうです。

皆さんご存知だと思うのですが・・・

東京大学、京都大学、慶応大学、早稲田大学、、、
と、名札が続いて、その次にあった名札がなんと・・・

『 その他の大学 』・・・だったそうです。

お話を聞いた私の知人Aさんは、その方の名誉のためにも
誤解なきよう申し上げますが、その他の大学の名札の席だったそうですが

れっきとした某有名な大学を、優秀な成績で卒業された方です!

にもかかわらず、入社前にすでに出世競争?に差がついているって
どうゆうこと???と思ったそうです。

すでに、入社前に出世コースがあったわけですね。

ちょっとそれますが、地方の某有名銀行での出来事ですが、
私の知人のご息女さんで、就職内定した時のお話です。

入社試験ののち、合格通知を受け取ってからのこと、
東京銀座のとある料亭に集まるよう連絡が来たそうです。

いそいそと出かけてみると、そこにはその年に入社する
新人たちが数名集められていたとのこと。

入社試験に合格した人数よりも、
はるかに少ない人数だったそうです。

そして、結局はそこでお食事会をして
お開きになるまで、メインテーマは・・・

あなた方は、すでに出世コースにのって入社できる人材です!
なので、入社後は是非とも仕事にうちこんで将来の自分を
大きく羽ばたかせていただきたい!

と、こんな内容だったそうです。

その方は、都内の某有名私大を卒業した方でした。
もうすでに出身大学で、入社する前から出世競争が始まっていた!と。

地方の金融企業でさえも入社前からすでに・・・。

なんて世の中なんでしょう!

まあ、でもこれが世の中なのかもしれませんがね。。。
イヤすぎ~ますが・・・。

2.営業は自社に儲かる商品を売ること

Aさんは、入社前から差がある出世競争にめげなかったそうです!

入るときにつけられた差は、入社してから埋めれば大丈夫!って!
なんともポジティブな方ですね、尊敬いたします。

そして仕事は、営業から始めたとのことでした。

金融商品は、その物で儲けが出るわけではなく
手数料を頂いて利益を出し、積み上げていくそうです。

つまりは、営業成績は

  • 手数料は安いが、多くの数での勝負
  • 数はそう出ないが、手数料の高さでの勝負

と、大きく分ければ二通りとのことです。

Aさんは、後者の仕事で勝負しようと考えたようです。

利益が薄くて数を出すより
数が少なくても利益が大きい商品を!と考えたのでしょう。

あわよくば、その利益の大きい商品でも数が出せれば
競争に勝てる可能性が出てくると!

Aさんの思惑は、ドンピシャだったそうです。

311a830b610d01bb5d2b40cc202d7945_m

営業成績が、同期の中で常にトップを維持できた!と。
もちろん苦労も多かった!とのことですが、
営業成績が苦労をいやしてくれた、と。

そんな生活を通して、営業畑を突き進み
メガバンクで42歳で支店長に登りつめたそうです。

すごいバイタリティーですね、、、。

ただ、ちょっとだけ腑に落ちないのが
同期での出世が2番手・・・だったと。

営業成績が1番なのに、出世は2番・・・。
なんか、カス○ラのCMソングのフレーズみたい?!ですね。

 

ちなみに、某有名地方銀行へお勤めになったご息女は
窓口業務で、特に出世意欲もなく淡々と業務をこなしているそうです。

ですがやはりノルマは課せられるようで
かなり大変な思いをしているのかと思いきやなんのなんの・・・

出世意欲がないから、特にノルマにストレスを感じるでもなく、
案外かわいくてステキな方なので、窓口で商品を勧めると
簡単に契約してくれるからそれでいいやぁ~と思っているとか。

なんとものんきにお仕事ができて、、、うらやましいぃ~♪

スポンサーリンク

3.メガバンクの支店長でも、会社を辞めた理由

Aさんが支店長になって、順調に支店の成績も
上向きになっていたある日のこと、、、

部下よりお客さんのところに同行を求められたそうです。

そのお客さんというのが、未亡人の70歳代の方で
結構なお金持ち!!だそうです。

なんとその方への金融商品の営業の同行を部下から頼まれて
出向いていった時のことの出来事が、メガバンクをやめるきっかけ!
になったとのことでした。

そのきっかけとは、

  • 自分は、男芸者だったのか?!
  • ここまでの太鼓持ちをしなければならないのか・・・?!

って、つくづく思い知らされた!とのことでした。

お客さんのために良かれとみせかけて、やってきた仕事
実は会社に良かれとの思いでやってきた仕事だった!

その事実は知ってはいたけれども
その実態を知ってて仕事をしていたはずだったけれども

気づかないふりをして突き進んできた・・・
自分に嫌悪感さえ抱くようになってしまった・・・と。

d8240834a8cdcbfc6b94b40b8c21f461_m

部下と同行の手前、結果を出さなければ同行の意味がないらしく
非常にプライドを逆なでされる出来事だったそうです。

それで一気に仕事への意欲が失せはじめ・・・
一気に会社への利益を出すための営業意欲が失せはじめ・・・

自分の今後の人生を改めて真剣に考えなおしたとのことでした。

そして行き着いた先は

☆ お客様主体の仕事がしたい!

という考えに至ったそうです。

今までは、会社の利益のための仕事をしていたけれど
お客様のためになっていたかどうかは定かではなかった・・・

ということなのでしょう。

むしろ、お客様を食い物にしていたのかもしれないと
反省することもあった・・・ということでした。

メガバンク、怖いですね!

なお、某有名地方銀行ですが、ご息女と同期の出世コースの人材は
入社5年後には残すところ3名に減っている!とのことでした。

女性 1名、男性 2名、だそうです。
他の方々は、辞めていかれたそうです。

まとめ

仕事でお疲れになっているあなた!
仕事でお疲れのお子さんをお持ちで心配が尽きない親御さん!

確かにその最中にある方々にとっては
仕事、仕事で多忙な毎日を過ごされていることでしょう。

どうせ仕事するなら、会社の利益は必要ですが
その前に、お客さんの利益を優先して喜んでいただけるような
そんなお仕事がしたいもんですね!

自利よりも先に、利他を与えられる会社!

そんなの理想だよ!机上の空論!!ムリ無理!!

なんて声が聞こえてきそうですが、お客様が喜ばない仕事は、
その後の会社発展につながるはずがありません!

  • その時の一時的な利益に過ぎない!
  • リピーターにはならない!

と思うのが道理ではないでしょうか?

なんか、自利ばかりを追い求めることは
その後の人生であまりいいことはなさそうですね!

人生を通して、、、

仕事がすべて!という時代はとっくに過ぎたように感じます。

だからと言って、仕事をおろそかにしていいよ、
と申し上げているわけではないので誤解しないでくださいね!

大人として、社会人として、

  • 真摯に
  • 真剣に
  • 一生懸命に

仕事と向き合うのは、あたりまえのことですが
仕事に振り回され、会社に振り回され、
利益追求にキュウキュウとするのはナンセンスかもしれませんね、、、。

むしろ、

あなたの仕事で誰かが喜んでくれる仕事
そんな仕事ができれば心身ともにいい時間を過ごせますよね!

なんてったって、あなたの仕事で
人さまが笑顔になっているんですから!

  • 人さまのお役に立ちたい!
  • 人さまに喜んでいただきたい!

という確固たる思いがあれば、必ず、
必ずあなたはいい仕事ができること請け合いです!

あなたは世の中に、本当に必要な人ですから!

あなたの人生に、幸せが訪れることを
強く願っております!

ここに一人、あなたの応援団がいることを
忘れないでください!ね。!

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

あなたに、大きな、おぉ~きな幸せを!!

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]