肩が凝ってしんどいぃ~(*´Д`)

 

 

ここのところ、ディスクワークやら
ちょいと忙しかったやらで肩がコリコリ状態です。

ちょっとしんどくて子供にもんでもらったり
自分で運動してみたりストレッチしてみたり、と
いろいろやってみたのですが、、、いまいち。

肩こりの原因やら治し方などいろいろ調べてみました。

へぇ~~
なるほどぉ~~~

なんて気づいたことがあるので
シェアーしたいと思います。

 

  • 肩こりの原因
  • 慢性の肩こり
  • 最近感じる肩こり
  • ちょっと気になる肩こり
  • まとめ

 

という感じでつづっていきますね。。。

注!!  私は専門家ではありません!
ここで記載した内容に責任を持てるほどの見識もありません!

ですので、単なる情報とご理解ください
ご心配な方は、医師など専門家からのご指導を頂くことを
お勧めいたします。

 

肩こりの原因は筋疲労だった

映画館で、ついつい映画に夢中になり
じっと集中して映画を観ていて
観終わった後に、、、ううっ~~肩が・・・
なんて記憶はありませんか?

映画に集中するあまり
身じろぎもしないでじっとスクリーンを見つめ
映画終了までの時間
すっと、おんなじ姿勢で・・・

集中と、緊張と、身じろぎをしない姿勢
つまりは、ほとんど動きがない状態での約2時間
そんなときの体の状態
想像できますか?

 

身体全身の筋肉は
集中と緊張により委縮し、緊張し、ハリが
そこかしこに生じている状態

まあ、筋肉が硬くなっている
とでもいうのでしょうか

そうなると、当然、血液の循環が悪くなるのは
おのずとお分かりになると思います。

 

身体を使い過ぎての筋肉の疲労と
同じ姿勢を維持して、筋肉を使わないでいる状態での
筋肉の疲労と

まるで真逆のように思いますが
実は両方ともに筋肉を使っている状態です。

 

運動は、筋肉を動かすことでの筋疲労で
姿勢維持、緊張状態は、その姿勢・かっこうを維持するために
筋肉を使っている、筋疲労というわけですね。

 

慢性的な肩こりって、どういうこと

では、いっつも肩が凝っている、、、
ということは、どういうことでしょうか?

先程、肩こりの原因が筋疲労と申しました。

 

それから原因を考えれば
慢性的な筋疲労、ということになるのでしょうか?
筋肉の疲労が取れ切れていない身体の状態
ということなのでしょうか?

結論は、Yes!ですね、、、。

 

つまり、筋肉は使えば当然疲労します。
あたりまえと言えば、あたりまえのことですよね。

それが慢性的に疲労している、ということは
つまるところ、毎日筋肉が疲労から回復していない状態
続けている日々、ということです。

 

もうちょっとかみ砕いて申し上げれば

一日一生懸命に働いて、疲れて帰ってきたとします。

残業もして、自宅に戻ったのが夜の10時
はい、お疲れ様でした~、では、まだ一日は終われません。

 

食事もしなければならないし
お風呂にも入らないと、、、
明日の準備もあるし、、、

あ、それから趣味のサークルで
友人から頼まれていた○○も週末に向けて
準備を始めないと終わらないし、、、

 

やることがたっくさんあり過ぎて
気が付いたら真夜中の1時、、、

ああっーっーっもう寝なきゃーきゃー
で、布団にはいったはいいけど、
疲れているのに中々に寝付けずに、、、
気が付いたら、目覚ましの音zizizi–zzii

 

眠い目をこすりこすりで飛び起きて
朝食も簡単に済ませて、身づくろいをして
慌てて外へ、、、満員電車に乗って
人混みに溶け込み切れずにそこでも疲れて
出社して・・・

そんな経験、ありませんか?

 

もうすでにお分かりと思いますが
常に疲れが残っている身体の状態ですね

これで、慢性の肩こりの始まりはじまりぃ~です。

 

慢性の肩こりだけじゃなくって
他にも慢性的にダメージが残っている
身体の部分があるはずなのですが
ジワジワぁ~と積み重なってくるから
分からないでいるだけなのかも???ですよぉ~

なんか、怖いですね、こう考えると。

 

毎日がこの繰り返しとまではいかなくても
かなり身体には負担が多いはず、、、

 

今まで感じなかったここ2~3日の肩こりって

慢性の反対は、急性な、と言っていいのかどうかですが
急性に肩こりを感じた経験をお持ちの方も
多いのではないでしょうか。

 

慢性の肩こりが、慢性的な筋疲労からくるものならば
急性の肩こりは、急性的な筋疲労から起こる。

こう考えるのは理屈が通るように感じます。

 

では、急性的な筋疲労とは
どのようなものがあるでしょうか?

 

普段はあまりものを持たない人が
引っ越し作業のようなことでたくさんの荷物を運んだ

とか、

部屋の模様替えで、重い家具を持ち上げた

とか、

スポーツをほとんどしない方が
急激なスポーツについつい熱中してしまった

とか、まあ、この場合は筋肉痛なんでしょうが

いろんなパターンがあると思います。

 

では、この急性的な肩こりはいったい何でしょうか?

これは、筋肉のオーバーワークからくる
一時的な筋疲労、一時的な筋肉の炎症
と思われます。

なので、慢性的な筋疲労とは
内容が、意味合いが、違ってきます。

 

ちょっと怖い肩こりって

急性的な肩こりに似ているのですが
突然に、今までに感じたことのないような
左肩だけに、もしくは左肩から左背中にかけて
こりを感じる、痛みが走る、といった状態を自覚した時
その数時間から数日の間に起こす可能性のある発作
それが心筋梗塞です。

これは、命にかかわります!

 

慢性的に肩こりを感じている方で

 

  • 左肩だけにコリが集中しているな、とか
  • 今までと違う左肩の痛みだな、とか
  • もんでもらったけど、痛みが引かない、とか

 

とにかく、今までとちょっと違う???
と感じたときは、注意が必要です!

 

脅かすつもりではないのですが
命にかかわることですから、他に症状がなければ
慌てる必要はないのですが、疑いをもって注意する心構え
が必要です。

 

まとめ

  • 慢性的な肩こり
  • 急性的な肩こり
  • 怖い肩こり

と、私がリサーチしたことををシェアーしてきました。

原因・状態はご理解いただけたと思いますが
では、どうすればいいの???

って、ノドに小骨がつっかえたように残っているかと思いますので
違う機会にリサーチしてお届けいたします。

 

くれぐれも、「怖い肩こり」だけは
本当にご注意くださいね!

ありきたりではありますが

あなただけの命ではありません!
あなたを心配するかたが、あなたが気付かないだけで
たくさん周りに存在しています!

あなたのことを気遣っている方がそばにいます!

あなたのことを心配している方が、目の前にいるはずです!

人は一人では生きてはいけません!

お願いですから、ご自身を本当に労わってください!
ご自身を労われない人は、人様を労わることはできません!

ご自身を愛せない人が、人様を愛せるはずがありません!
(ちょっと意味合いが違うかもしれませんが)

くれぐれも、ご自愛ください!

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

もし、ここまで読んでちょっとだけでも
ご自身のお身体を労わる気持ちになっていただけたら
嬉しい限りです。

そして、いいね!をしていただけたら、
私も明日生き切る力を頂けます・・・
ありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
[`yahoo` not found]